FC2ブログ

福岡市城南区鳥飼の寺田歯科医院の院長のブログ

福岡市城南区鳥飼で、父の代から50年間開業している地域で最も古い歯科医院「寺田歯科医院」院長が、 日々の出来事や歯に関すること、トライアスロンのことなどを書いているブログです。

夏休みのお知らせ

気がつけば、令和になって初めてのブログ・・・アップしてない事を反省しております。

さて、夏休み(お盆休み)のお知らせです。
8月11日(日)から15日(木)までを連続してお休みさせて頂きます。

10日(土)は夕方5時まで診療致しますので、連休中にトラブルがない様に早めの受診をおすすめ致します。

で、もし、万が一、仮に、もしかして不測の事態が起こったならば、取り敢えずお電話をお掛け下さい
在宅しておりましたら、いつでも急患対応を致します。
092-821-6688

もし不在ならば大名にある「福岡市 休日急患歯科診療所」でも日中は対応してくれます。

福岡市中央区大名1丁目12-43 福岡県歯科医師会館1F 駐車場あり
午前9時~午後4時30分
092-752-0648

令和元年もあと半年もありませんね。
夏休みが終わったら元気いっぱいに診療に臨みたいと思います。
ブログもマメにアップしたいと思います。(何か聞きたいネタなどあればリクエスト下さい)

平成最後の診療案内

今日は平成最後の日。

私の名前は『壮平』次男は『大成』二人合わせて「平成」ですが、二人の時代が終わります。寂しいもんです。
それはいいとして・・・・

GWの診療はどうしようか?と思っていた所、スタッフからのアドバイスで30,1,2日と診療を行うことに致しました。
今日は平成最後の診療日です。
午後は5時までの診療です。
受診に際しては、電話でご確認をくださいませ。

そんなGW、私は日曜日はランニングクラブの朝練に参加。
スタート時間とコースの関係で一人フルマラソンになってしまいました。
室見川スタートでゴールは筑前深江。
到着してから仲間と昼飲み。

29日月曜日は高校時代の恩師のご自宅へ訪問。
朝8時半に天神からバスで長崎へ行きましたが、鳥栖で事故渋滞の為に下道回避。
高速バスですが、下道回避をするんですね。
帰りは夕方でしたが、佐賀から自然渋滞。
IMG_2337.jpg
やっぱりGWですね。
疲れました。

本日は診療やっている幸せを感じます 

GWの診療のお知らせ

新元号が発表されましたね。令和だそうですね。
私はなんとも思いませんが、家内は出典元の万葉集の和歌を詠んだとされる太宰府と縁があって得意満面でした。
和歌を詠んだとされる大伴旅人の邸宅があったという坂本八幡には仕事で行っており、写真が飾られているとか・・・

政庁跡の所にある資料館には当時、和歌を詠んだ宴がジオラマとして再現されていますが『梅の木の下での宴はおかしい。梅の花が咲いている時期に外で宴はしない。屋内で(外の梅の花を見ながら、または梅の木を切って持ち込み)和歌を詠んだはず・・・』などと連日レクチャーを受けております

という訳で時代の遷り変わり時の診療のお知らせです。
今年のGWは新天皇の即位の儀という事で超大型連休になります。

しかしながら、人の体は連休対応になる訳にはいきません。
体のどこかが悪くなる人もいる事でしょう。

という訳で、平成31年4月30日(火曜日)と令和元年5月1日(水曜日)および2日(木曜日)は診療を行います。
平成最後の診療をギリギリまで、令和最初の診療をいの一番に行います。

診療時間は9時から17時までの土曜日の診療時間と同じにさせて頂きます(昼休みは13時〜14時半)
日頃予約が取りにくい方もどうぞいらっしゃって下さい。

3月30日(土)の診療のお知らせ

30日(土)は午後早めに診療を終わらせて頂きます。
それに伴いまして、土曜日の診療時間の変更をお知らせいたします。

30日(土曜日)に限りまして、午後の診療を13時半より開始致します。
診療時間は15時までとさせて頂きます。

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い致します。

堀ちえみの舌ガン

ブログをサボっておりました。すみません。

先日堀ちえみさんが舌ガンを公表し、大手術に臨みました。
ステージⅣでリンパ節に転移していたそうで、全身への転移も疑われますよね。
術後は抗がん剤などで対応するのでしょうが、無事に完治してもらいたいですね。

昨年の夏頃に口内炎が舌の裏側に出来たそうで、なかなか治らないという事で11月にかかりつけの歯科医院でレーザーで焼いてもらったとか・・・
夏頃から歯科医に相談していたのかはわかりませんが、内服薬の副作用と思っていたとか・・・そういう事もあるでしょうが、余りに治らない場合はやはりガンなどを早期に疑わないといけないと思います。

堀ちえみさんのは場合はレーザーで焼いた(たぶん炭酸ガスレーザーだと思われます)事が余計にガンを悪化させる原因にも繋がったと考えられます。
口内炎にはレーザー治療は適応なのですが、ガンは不適応なのです。

寺田歯科にもレーザーはありますが、私は第一選択にはしておりません。まずは薬の塗布です。それで反応を診てから必要な場合はレーザーも使います。

私の場合はこれまでに数件のガン患者を見つけて大学病院などに紹介しております。
舌の横側に出来た口内炎で来られたAさんは受診後1週間で『舌ガンの疑い』と判断して大学病院を紹介し、早期に手術を行いました。その後再発もなく無事に過ごされました。
当時教授から『よく見つけたね』と言われました。

実は私の父であり、寺田歯科の先代も口腔ガンになりました。歯肉ガンと一部が広がって舌ガンになってました。これは一発で判断して大至急大学病院へ、手術をして頂きました。幸い頸部への転移はなく3年間再発もなく、その後老衰で亡くなりました。
ガンが結構広がっていたのは本人が私に相談したのが遅かったからです。つまり受診してなかったからです。

白板症という病気があって、これは前癌病変と言われてまして、癌になる可能性のある病気です。
Bさんはまだお元気な時に私が白板症を指摘して大学病院の受診を勧めました。
一人暮らしで、ちょっと頑固でもありました。その後認知症を発症されて歯科受診は縁遠くなっておりました。
ある時、離れて暮らしている娘さんが『父が口をケガしたみたいだ』と連れて来られましたが、ひどい歯肉ガンになっておりました。

早期治療、早期対応が大切です。
ちょっとでもおかしいと思われたらご相談下さい。