FC2ブログ

福岡市城南区鳥飼の寺田歯科医院の院長のブログ

福岡市城南区鳥飼で、父の代から50年間開業している地域で最も古い歯科医院「寺田歯科医院」院長が、 日々の出来事や歯に関すること、トライアスロンのことなどを書いているブログです。

フッ素

歯科校医をやっている別府幼稚園でフッ素の講演を行いました。
講演といいますか、幼稚園で実施しているフッ素洗口の説明会ですね。
IMG_6525.jpg
フッ素熱弁中

毎年の歯科検診のあとにお迎えに来られたご父兄の方を対象に行いました。皆さん熱心に聞いて下さいましてよかったのですが、意外と人数が少なくて(対象人数の1/3ぐらい)その点ではちょっとガッカリでした
IMG_6512.jpg

こちらの幼稚園ではフッ素洗口を以前より試みておりまして、昼食後に歯を磨いてフッ素洗口をしております。
「うがいが上手にできない子」や「フッ素洗口に疑問を持たれている(親御さんの)子」は水だけでのうがいを行なっております。

フッ素には3つの働きがあります。
1、歯を強くする働きがあります(耐酸性)
2、初期のむし歯を治す(再石灰化)
3、むし歯菌の抑制をする(抗菌作用)
因みにフッ素は骨も強くなります。(骨粗鬆症の薬にはフッ素の錠剤があります)


フッ素は自然界に存在する微量元素でありまして、以前は子供の成長期(未成熟な歯)に必要で、成人(成熟した永久歯)になるとそこまで必要ないという考えがありました。

現在ではフッ素は生涯摂取すべきであり自然界に含まれる食品やフッ素入り歯磨きペーストでは不十分という事で厚労省は世界基準のWHOの方針に基づき、昨年よりフッ素入り歯磨きペーストのフッ素濃度を高くする(成人向き製品のみ)様に各メーカーに指導しました。    
これは異例な事だと思います。
それ位に日本のフッ素不足が問題なのだと思います。
フッ素
食品に含まれるフッ素の量

フッ素の応用(取り込み方)には日本に於いては大きく3種類あります。
1、歯医者さんで高濃度のフッ素を塗ってもらう
2、フッ素の洗口をする(自宅で毎日行うのが主です)
3、フッ素入り歯磨きペーストで磨く

予防効果はそれぞれ
1、30〜40%
2、50〜80%
3、20〜30%
という結果なんですよ。

ん?歯医者さんで塗ってもらうよりも毎日洗口した方が効果が高いの?と思われる方もいらっしゃいますね。
例えるならば『夏バテ防止でうなぎを食べても毎日がそうめんでは栄養が付きません。毎日少なくても栄養のあるものを摂取するのがいい』のと同じです。
予防というのは毎日続ける事が大事なのです。

毎日栄養のあるものを頂き(これが毎日のフッ素洗口やフッ素入り歯磨きペースト)、たまに栄養ドリンクを摂取する(これが歯医者さんでのフッ素塗布)のが一番良いかと思われます。

お家でのフッ素入りペースト使用の効果も低いのですが、これは磨いた後の洗口のやり方が間違えていたり、今までの低い濃度の歯磨きペーストの結果だと思われます。

フッ素入り歯磨きペーストの正しい洗口の仕方は『30〜50ccぐらいの一口だけの水で洗って吐き出す』それ以上はうがいとしないのです。フッ素の成分が口の中に残る様にしないと効果が薄れてしまいます。

私は歯を磨いた後はしっかりとうがいしたいタイプなので、その後にフッ素洗口を行なっております。


委員会旅行

公衆衛生委員会は3年任期となっておりまして、任期の最後に委員の先生方と慰安を兼ねた研修旅行に行く事になっております。

今期の委員会ではマイクロバスをレンタルして湯布院に行ってきました。
雪がぱらつく中強行出発です。
DSCN2611.jpg
行きの車中は早い時間から酒が・・・・
DSCN2612.jpg
予想以上の雪が短時間で降り結局チェーンを付けなければいけない事態になりました。
最初チェーンが見当たらなくて焦りました。

ハプニングはありましたが、どうにか宿に着きました。
DSCN2629.jpg
宿は『別荘ふるさと』 そうです、うちのかみさんの実家の宿屋です。
DSCN2615.jpg
風呂に入ってから宴会がはじまりました。
DSCN2617.jpg
最初の方の料理の写真を撮るのを忘れておりました。
↑これはメインのバーベキュー。豊後牛のはしで切れるお肉です。
DSCN2619.jpg
15人用の棟は夫々の小部屋と大きなリビングがあります。ここでまた二次会がはじまりました。
DSCN2635.jpg
15人用の棟の外観
DSCN2626.jpg
この日はこの冬一番の寒気で外は雪景色。手前は内湯、外の冷え込んだ露天風呂に1時間もつかり、みんなで雪見酒をやりました。

DSCN2622.jpg
翌朝は宿で定例委員会を開催しました。真面目に取り組む面々達・・・・
DSCN2623.jpg
前夜の酒も覚め、真剣な眼差しで活発な意見も・・・

宿を後にして帰路につきました。
途中寄ったのが日田のソバ屋さんの『麦屋』
DSCN2644_20110204005332.jpg
ここでソバのセットを頂きました。昼間からおいしい日本酒も頂きました。
鮎の干物、ソバ、麦飯(お腹いっぱいでボクは頂けなかった・・・)特にソバはとってもおいしかったです。
DSCN2641.jpg

DSCN2645.jpg
日田には昔ながらの家並みが見られる所もあります。ゆっくり散策して見るのもいいですね。
写真は酒蔵。
DSCN2655.jpg
酒蔵資料館の入り口、杉玉が飾ってありました。
杉の葉(穂先)を集めてボール状にした物で、酒林(さかばやし)とも呼ばれています。造り酒屋の軒先に緑の杉玉を吊すことで、新酒が出来たことを示す。吊るされたばかりの杉玉はまだ緑色であるが、やがて枯れて茶色になる。この色の変化で新酒の熟成の具合を知るそうである。

DSCN2632.jpg
3年間一緒にやってきたメンバーです。任期満了まで後少しです。
研修旅行お疲れさまでした・・・・・

ファミリーミュージカル

こんにちは、気まぐれブログでございます
毎日忙しくてご無沙汰しておりました。すんません。

さて、21日は毎年恒例のサンスターファミリーミュージカルが開催されました。
二部構成で最初はヒーロー物で『ハイパー3』がむし歯菌の『ムシバーラ』をやっつけるというストーリー。
小さい子どもに歯磨きの大切さを伝えました。
DSCN1457.jpg
ハイパー3のイエローにせがまれて記念撮影

次はミッフィースマイルコンサート。人気者のミッフィーとラビッツのお姉さんが歌やゲームで盛り上げました。
小さな子たちに大人気のミッフィーちゃん。喜んで頂けたと思います。
DSCN1463_20100324014224.jpg
DSCN1462.jpg
ラビッツのお姉さんたち。子供だけじゃなく歯科医師会のおじさんたちも喜んでおりました。
画像 040
去年の写真ですが、ラビッツのあきちゃんにせがまれて記念撮影。今回、私の事を覚えていてくれました

このファミリーミュージカルは総入れ替えで2回公演でした。
公演がはじまる前にロビーでは無料歯科検診コーナーなども設けられ子供の歯の相談を受けました。
DSCN1441.jpg
DSCN1445.jpg
DSCN1459.jpg
おっ、寺田センセもちゃんと働いております

初期のむし歯を見つける事が出来て喜ばれたというかガックリされていたお母様もいらっしゃいました
でも早期に発見する事で一大事に至らなかったという事ではお役に立てたかと思います。

幼稚園訪問

私の所属する公衆衛生委員会で「食前の手洗い」と「食後の歯みがき」を題材とした啓発DVD「はみがき・てあらい じょうずにできるかな?」が完成した。
このDVDは福岡市および城南保健所などの協力で企画され作られたものである。

内容は、ムシ歯のある少年が歯の妖精らに助けられ、ちゃんと歯を磨き、歯を大切にする子に変わっていくというストーリーで、城南保健所衛生課長の協力のもと、内容を吟味して、歯みがき、歯の大切さを手洗いになぞらせて分かり易く解説、また食育も絡めた内容の深いものとして出来上がった。

巻末には歯科医師会の公衆衛生活動を知って頂けるように事業の紹介も入れており私もあちこちに写っている。市内の幼稚園・保育園、小学校に一枚ずつ(約460枚)配布されている。

30日(金曜日)に公衆衛生委員会からの代表かつ園医として別府幼稚園に贈呈式に行って来ました。
当日は福岡市が『にっこりん』と『ワルモン』(共にDVDに出ているキャラクター)も登場。
DSCN0009_20090202024655.jpg
左の福岡市のキャラクター『にっこりん』は油山の妖精。右はバイ菌の『ワルモン』
DSCN0021_20090202025713.jpg
園児に贈呈しました。
DSCN0025_20090202025730.jpg
DSCN0026_20090202025737.jpg
画面右上は3Dのにっこりん。
DSCN0028_20090202025746.jpg
『にっこりん&ワルモン』は共に福岡市の専属キャラクタ-です。
DSCN0041_20090202024753.jpg
園児から『おもしろかった。ありがとう』と言われました。これが公衆衛生活動をしての醍醐味です。


FC2Ad