福岡市城南区鳥飼の寺田歯科医院の院長のブログ

福岡市城南区鳥飼で、父の代から50年間開業している地域で最も古い歯科医院「寺田歯科医院」院長が、 日々の出来事や歯に関すること、トライアスロンのことなどを書いているブログです。

SMAPのコンサートと香取慎吾の歯

毎日暑い日が続いていますが、それでもちょっと涼しくなったような気がします。
SMAPのコンサートが終わったからかな?彼らと共に暑さも去っていたかも・・・


さて、SMAPのコンサートだけど、誰のファンという事もないのだが、
取りあえず香取慎吾のうちわを買って中に入った。
台風のおかげで手に入った席はアリーナのBブロック。去年よりもいい席だった。
結構近くで見れて満足。

席を手配してくれた人は患者さんで、結局3人の患者さんと同席。
みんなキャーキャー言ってうちわを扇いでいた。


お姉さん達すごいな〜と思っていたけど、よく考えるとおばさんだった(自分もおじさんだった)SMAPのコンサートはおもしろい。

若いのから年よりまで沢山いる。何年か前に行った時は隣は80歳近いおばあちゃん。
「あんたも中居くんファンね?」などと勝手に決めつけちゃって
「中居く〜ん」だって・・・・すごかった。


コンサートを経験して草なぎ剛が性格が良さそうで好感を持っているが、
コンサートに行く度に中居は性格悪いなと思うけど・・・実際はどうなんだろうね。

香取慎吾は彼の歯を観察する為にうちわを購入している。
彼の前歯はレジン充填がしてあるけど、これが下手な充填なんだよね。
去年なんかは素人にも分かるくらいだったが、今年は綺麗だった。

SMAPのうちわ1

コンサートで買った団扇です。右が今年で左が去年のです。
余りはっきり写った奴だとジャニーズが怒るかも・・・

やり直したのか、写真修正なのかはわからないが、
通常芸能人は見た目の為に天然の歯でも削ってしまう事があると聞いていた私としては
自前の歯を大事にしている香取慎吾のレジン充填には愛着がわく。

香取くん。日ハムの新庄みたいに歯医者に行って
「便器の様な白い歯にして下さい」なんて言って削りまくられちゃうような事はしないでよ!

SMAPのうちわ2

こちらは去年のうちわです。

SMAPが台風と共にやってくる・・・・。

17日木曜日の午後の診療はお盆休みの調整の為にやりますと宣言していたにも関わらず、
なんとどなたも予約が入ってない!という事で急きょ診療はお休みする事に致しました。


たぶんどなたにも迷惑を掛ける事はないと思いますが、もしもの時はお電話下さい。
ところで・・・・午前中はいっぱいなのに午後は見事な位に誰も入ってないのだろう?
もしかしてSMAPが福岡に来るから!?
うちのスタッフの1人は午後に休みを取って福岡ドームに行く予定です。
もしかして患者さん調整したかな?・・・・(最初から休暇を取っていたから違うよね)
台風が来るから避けたかな?・・・


16日の午後に患者さんから連絡が来た。
「鹿児島から木曜日のコンサートに参加予定の人が台風の影響で
来福出来ない場合、代わりに寺田先生行くかな?」
ですと!!


今年のSMAPのコンサートは木、金、月、火と土日がなくて、
診療に引っかかってしまうのであきらめていたのだが、
こんなお誘いはない(実は去年はアリーナ席2枚を直前でゲット)


やっぱり今年も行くか!!と乗り気です。


台風来い!来い!鹿児島線を直撃だ!
午後の診療も早々とあきらめ休診だ!
今年も暑いアリーナ席で
脱水状態になりながらも応援だ!


(アリーナ席で水を飲もうとすると係の人からアリーナ席から
出てから飲んで下さいと注意される。出れるか!飲まずにいられるか!)


 

お盆休みのお知らせ

寺田歯科医院のお盆休みですが、

8月12日(土曜日)の午後より
8月15日(火曜)までとさせていただきます。


お盆明けの診療は8月16日からです。
通常休診となる17日(木曜日)の午後は
診療を致します。


皆さんはお盆休みはいかがお過ごしになられますか?
わたくし、寺田壮平は・・・・今年はのんびり休みます。

ホームレスの人の歯科検診

住まいの会の方々からの依頼でホームレスの人の歯科検診の依頼が
ウェルビーングに来た。


ウェルビーングというのは元々は福岡予防歯科研究会が始まりで、
むし歯の洪水時代といわれた昭和30年、40年代に当時はまだ認められたなかった
フッ素を普及させた団体で、フッ素が浸透してきた昨今は新しい役目を探って
NPO法人になりウェルビーングと名前を変えて現在に至る。


NPO法人としては地域保健の活動に更に力を注ぎ、
歯科だけでなく健康教育などより公衆衛生としての活動を行っている。
ウェルビーングつまりみんながよくなるようにという思いもあるようだ。

さてそのウェルビーングに訪れたNPO法人住まいの会
ホームレスの方々を家に住まわす為に努力しているのだ。
定住する為には仕事を持つという事でもある。その為の支援活動を行っている。

ホームレスの人の中には働きたくても仕事がない。

仕事がしたくてもさせてもらえない人も多い。
例えば病気で会社をクビになり、病気の為に仕事に復帰出来ない。
そんな人の病気が治ればまた仕事が来る。

そんな困った人を救う為の依頼が来たのだ。
困った人を助けない訳にはいかない。

それが本来私が歯医者になった理由だから、諸手を上げての協力だ。


ホームレスの人が口の中の事でどんな事が困っているのか?
その実態は?まだ分からない事も多い。
対策を練る為にもまずは歯科検診を行わなければならない。
その為の事前の打ち合わせをする為に
博多駅裏の住まいの会の事務所に自転車で行った帰りの事だ。

六本松付近は車が多かったので Q大教養部の裏を廻った。

丁度私が中学生の頃に行った「森田修学館、通称森田塾」があった。
懐かしいね~!!


この塾は当時は福岡で一番難しい塾と言われ、入るのも難しいところであった。
ソフトバンクの孫さんもいたらしい(当時は林さん)
私の時は福岡市内から沢山の生徒が来て、
中学生だけで一学年定員150人ぐらいであった。

ラサール20人、附設50人合格というぐらいに当時は驚異的な塾であった。

私が青雲高校に行けたのもこの塾のおかげだったと思う。


話が長くなったが、この塾の前を通った時塾の前で自転車を
整列し直しているじいさんがいた。

私はすーっと通り過ぎたのだが、通り過ぎる際の横顔で振り返ったのだ。





戻ってその人に
「もしかして坂本先生ですか?」
本人はそうだがなんじゃい?という顔をした。
「なんでしょうか?」
やっぱりそうだったんだ!いやー懐かしい。オイラの事を憶えているかな?
「寺田ですけど・・・・憶えてらっしゃいますか?」
ちょっと考えて、鳥飼の方を指差し、
「中村高校の近くの寺田かい?」
「そうです」凄い憶えていてくれた。


「家は歯医者だったよね。今は歯医者かい?」
などと色々と憶えていてくれた。
お決まりの“立派になったね~”などという会話をしたのだが、
この先生、私が高校を卒業した時塾に行ったら追い返した。
森田塾に行った奴は東大かそれに準ずるところに行かないと
訪問を許されなかったのだ。
(例えばラサールを卒業して早稲田に行く程度の奴は
ラサールの落ちこぼれだから許されない)
それ以来私は近づいてもいなかった。

そんな坂本先生に
「なんで憶えて頂けたのですか?」と聞けば、
「う~ん記憶に残る子だったからね~」

どうやら特異な存在だったらしい。
(よくお勉強したからね。ウソウソ笑)
まっ、いずれにしても懐かしかったし、憶えて頂いて光栄だったな。



FC2Ad