福岡市城南区鳥飼の寺田歯科医院の院長のブログ

福岡市城南区鳥飼で、父の代から50年間開業している地域で最も古い歯科医院「寺田歯科医院」院長が、 日々の出来事や歯に関すること、トライアスロンのことなどを書いているブログです。

歯周病が脳に!

2006年10月25日の西日本新聞の夕刊の見出しに
「動脈硬化の危険因子解明、歯周病菌酵素が作用」と掲載。

記事の内容は『歯周病は成人の約8割にみられる生活習慣病。
動脈硬化は複数の要因が絡むが、
歯周病が動脈硬化の症状を助長することは近年、疫学的に指摘されていた。
九州大学歯学部研究グループによると、その具体的メカニズムを解明したのは
世界で初めてという。
動脈硬化の代表的な症例に、血管の内膜が肥大し、血液の通り道を狭めるものがある。
異物を除去する細胞「マクロファージ」が、
変成した「LDLコレステロール」を次々に取り込み蓄積するのが大きな原因だ。
研究グループは、マウスに主要な歯周病菌「ジンジバリス菌」を感染させ、
各酵素の働きを抑制しながら動脈硬化の発症具合を調べた結果
「Rgp」という酵素はLDLコレステロール表面のタンパク質を
分解して変成させることで、マクロファージが取り込みやすくしていたことも分かった。
このことから、研究グループは、この酵素が動脈硬化発症に深く関与していると結論づけた。
(一部抜粋)』


難しい内容なので分かり易く書くと、悪玉コレステロールは
動脈硬化を起こすというのはみなさんご存知だと思います。
『免疫系細胞であるマクロファージは
悪玉コレステロールを食べてやっつけるのだが、
戦って死んだマクロファージが血管壁にたまり動脈硬化を起こす。
今回歯周病菌の酵素が悪玉コレステロールを
食べ易くする働きがある事が分かった』という事だ。


前に岡山大学の歯学部のグループによると
糖尿病の場合は血中タンパク質が糖化されるだがこの糖化タンパク質は
マクロファージを刺激し、炎症性サイトカイン類を過剰に産生させ、
それが歯周組織を破壊すると発表している。


この事からも悪玉コレステロールを狙ってマクロファージが
食べはじめると動脈硬化のみならず炎症により歯ぐきの組織も破壊するという訳だ
(これは菌がなくても歯周病状態にするという意味です)
歯周病菌が全身に悪さをするだけでなく、
全身疾患(糖尿や高脂血症)が歯周組織を悪くし、歯周病になる訳だ。


これからは歯周病は歯科医だけが治す時代は終わり、
内科医などと共同で治す時代が来るかもしれません。
言い換えれば今「おれは歯周病は治せる」と言っている歯科医は本当は治しきってない。
「前よりはいい状態にしているだけだ」と言われるかもしれません。


例えるなら、風邪の治療で、薬を投与しないで安静にさせて、
「風邪を治しました」と言い切るのと似ているかも・・・・


↓寺田歯科医院のホームページはコチラから!!↓
寺田歯科医院ホームページ

さよならYS11。。。

9月末で日本が作った唯一の旅客機「YS11」が引退したというニュースが
紙面をにぎわしたのは記憶に新しいと思うが、
その数日後に西日本新聞のコラムに「ジェット機にはないプロペラが魅力」と
記者が書いたら、読者から「YS11は、ターボプロップジェット機です」指摘を受け、
『えっ、プロペラ機のはずでは・・・まずい、誤報か! 』とあせった記者が
取材して調べた結果、
エンジンはターボプロップといわれるジェットエンジンの一形式。
ただ一般的に「プロペラ機」に分類されるとのこと。
との結論を得たと記事が載っていた。


この記事を読んで、確かエンジンはロ-ルスロイスだったような気がするが
はっきりとは言えない・・・専門家でもない為知識もあやふや、
でもなんだか悶々としていた。


だって私は隠れYSファンなんだもん。という訳で調べましたわ。
ロールス・ロイス社は戦後ジェットエンジン開発に取り組み、
アメリカのゼネラル・エレクトリック(GE) や
プラット・アンド・ホイットニー(P&W)と並ぶ
世界的なジェット エンジンメーカーとなったんだそうです。


『YS-11も、エンジンはロールス・ロイスの「ダート」エンジンを使用している。
このダートは1960年代のターボプロップ旅客機の
定番エンジン』という資料を発見した。


海上自衛隊にいた頃、長崎の大村にある航空基地隊の衛生隊に配属され
分隊長をしていた。
その頃、東京である学会に参加する為に定期便であるYS11をよく利用していた。


自衛隊では乗り物への乗る順序というのがあり、
階級の高い者から乗り込む物や階級の高い者が最後に乗る物がある
(危険な乗り物かどうか)もちろん座席の位置も違う。


飛行機の場合は階級が低い者が後ろにはじめに乗って行き階級が高い者は
最後に乗るので前になる。(民間機でもファーストクラスは前でしょ。
飛行機に乗る時は我れ先に乗らない様に!笑)
私の場合は二等海尉(昔でいう中尉)で真ん中位だったのでいつも翼の上だった。


それでいつもエンジンを見ていたがロールスロイスって書いてある。
「YSって車のエンジンで飛んでいるんだ。いいんかな?」と思っていた。
因みに車の場合は偉い人は公用車の場合は運転手の斜め後ろ。
私有車両は助手席なのだ。安全な乗り物は偉い人が先に乗って、
最後に降りる。



ついでながら飛行機というのは飛ぶ前はエンジンを止めているので
冬以外は機内は暑い。
それで自衛隊の輸送機の中にはうちわが用意してある。これでパタパタ扇ぐのだ。


YSってエアコンが飛ばないと付かないんだなと思っていたが、
民間の旅客機は飛ぶ前に冷風を外から機内に送り込んでいるらしい
(外のバッテリーを使ってエアコンを付けているという事なのかも)
そういえば沖縄の地方路線の小さな飛行機もうちわが付いていたな。


20061025152745.gif

↓寺田歯科医院のホームページはコチラから!!↓
寺田歯科医院ホームページ

体育の秋!

15日の日曜日はとても忙しかった。
私は朝8時に前日抜歯した患者さんの術後の消毒をしてから、
所属している室見川ランニングクラブのみんなと来週に行われる
福岡シティーマラソンの試走をする為にドームへ行く。


8時半に集まり軽く体操をして走り始める。
シティーマラソンはハーフだが、制限時間が2時間と一般の人にはちょっと厳しい。
昨年はペースランナーをやった。ペースランナーは2時間ちょうどで走らなければいけない。
早過ぎても遅過ぎてもいけない。周りから見つけやすいように頭に風船を付けて走ったが、
今年はやらないので勝手きままに走る。

11時前に帰宅して風呂に入り、それから鳥飼小学校のグランドへ行く。
鳥飼町内対抗運動会(4チームに分けての対抗選)が行われているからだ。
お昼時になっていたので、弁当を頂き午後からの競技に備える。
私は5丁目だ。午後からの私の出場競技はムカデ競走、玉入れ、リレーだ。
ムカデ競走はチームワークの乱れで結局最下位(すみません・・・)玉入れは5丁目が勝った!


玉入れ
玉入れ前の写真です

リレーは各チーム10人が出るだが、5番目と10番目はグランドを一周。
後は半周だ。私は5周目に出る様に言われたのだが、他のチームの5周目に
割り振りされているやつらはみんな10代。
おいおい足の早そうな中学生や高校生とやるのかよ?
ます隣の野球部の中学生をつかまえて
「オイラの前にバトンを渡されたのなら先に行っていいが、
後から渡されて抜いて行くのはNGだからな!」と指導。


運動会1
一緒に並んでいるのは中学生や高校生。
中学生は野球部で速かった。なんでこいつらと一緒なんや!


バトンを渡された後順調な滑り出しかと思いきやすぐに後ろの高校生が抜きに来た。
カーブ手前だったので右肘を張って進路妨害をする。その後カーブが終わるまで
体をアウトサイドに体を出したりして、追い抜かさないようにしたが、
そんな努力も直線であっという間に抜かされた。


運動会2
黄色が私だけど、青が後ろに迫っている。半周後に抜かれました。


くそ〜やっぱり30歳もの年の差はきつい!
でもそこそこの勝負はしたと思っている。
もともと瞬発力がいい若い奴らを相手によくついて行ったなと思うのだけれども、
やっぱりダメだ。若いっていいな〜。くそ〜この次のリレ−は負けないぞ!(無理か・・・)
もっと距離があれば負けないと思うのだが・・・・
ところでリレーの前に足がつってしまったのだが、なぜだかわかりますか?
そう!午前中にハーフを走って足が終わっていたのね。よく走れたもんだ。
私の後も抜かれて4位だったのだか最後のアンカーが1人抜いて結局は3位だった。
「最後の人は年の割に早かったね」とかみさんが言ったので、
「ん?確か37歳ぐらいだっと思うけど・・・」と私が答えたらかみさんびっくりしていて、
50に近いのかと思ったとか。


「あんたはとても40代には見えんかったよ。もっと若く見られていたんじゃない?
それに午前中に21キロ走って来た人には見えんかったね。
それなりに頑張ったのに、ちょっと損やったね」だって。今度は髪を白く染めて出てやる!

FC2Ad