福岡市城南区鳥飼の寺田歯科医院の院長のブログ

福岡市城南区鳥飼で、父の代から50年間開業している地域で最も古い歯科医院「寺田歯科医院」院長が、 日々の出来事や歯に関すること、トライアスロンのことなどを書いているブログです。

宮古島トライアスロン完走!!

宮古島トライアスロン無事完走致しました。
タイムは12時間40分58秒 874位です。
DSCN0218.jpg
東急リゾート前の浜をスタート、手前のアーチのところから沖にスタート
DSCN0275.jpg
スタート前の雄叫び

スイム3キロは途中波があり少々泳ぎにくく感じましたが例年に近いタイムの1時間9分(スタートのロスタイムやビーチを走る部分も含みます)
DSCN0219.jpg
スタート前に大学の砂川先輩と
DSCN0222.jpg
スイムゴール後のトランジット

バイク155キロは大会記録の強風(風速10m)で向かい風に向かう時はバイクが集団になってしまいました。
トライアスロンは単独走行が原則(ドラフティング禁止)なのでオフィシャルが警告しっぱなしでも集団が崩れない・・・・・風で押し返されるもんで。
090419_1013~001
手持ちの携帯で撮影するぐらいの遅い集団

因みに筑波大学のトライアスロン部の学生と話をしながら走っていましたらオフィシャルから『並んで走らない。ブロッキング取るよ!』と警告されました。

「ブロッキング?なんじゃいそれ・・・・」とよくわからなかった私なのですが。
トライアスロンは単独走行(風よけを作って走らない)なのでキープレフトを守りながら前に前に行く。並列で走っていると後ろが前に出れないので妨害行為の反則が取られる訳です。

バイクは途中応援の方を捜してバイクを降りたり、電話したりと余裕をかましながら、155キロが6時間12分(着替える時間や途中休憩などの時間も含みます)サイクルメーターでは5時間46分、平均時速26.7キロでした。
DSCN0224.jpg
バイク後ランへのトランジットで先輩の奥さんと記念撮影

ランはバイクを降りて最初はそこそこ調子がよかったのですが、12キロ過ぎるとちょっと足が重くなってきた。それでもハーフまでは足を止めずに走った。

ハーフ折り返し前500mで大学の砂川先輩に出会う。もう少しで追いつけそうだ。
25キロ地点、坂がきつい。足が止まる。

木に貼ってあるメッセージカードに『苦しいのは皆同じ』そして次の木に『苦しい時の練習を思い出せ』と書いてある。「そうだ皆同じ苦しさだ。頑張ろう」と再び走り出す。

30キロ過ぎてエイドステイションで出された炭酸が抜けたコーラをもらうが胃が余り受け付けない。飲み過ぎかと思いその後は渇いた口を潤す為にお茶を口に含んでは捨てるという行為をした。

市内に入り、沿道の応援が増して来る。走る力になる。ゴール手前1キロのところで砂川先輩に追いついた。

競技場に入ると知り合いが花束を持って待っていてくれた。
苦しいレースだった。ラン42.195キロは5時間19分。

最後は砂川先輩と一緒に同タイムでゴール
DSCN0236_20090428014334.jpg
DSCN0243_20090428014438.jpg

ゴール後座り込んだが、例年に比べてフラフラ。
どうも脱水症状を起こしていたようだ。
DSCN0238.jpg

天気は曇りで風があり、体感温度は低かったので水の補給に失敗したようだ。
ポカリスエットやビールを飲み、食べ物を口にして段々と元気がでた。
水分の補給、気をつけないといけない。

ゴール後砂川先輩のおうちで打ち上げをやった。
中学時代のモリタ塾での同級生で現在「橘家圓太郎」という真打ちになっている鵜野君も今年は見事にゴール!彼は以前大会前に歯が外れて砂川歯科で治療をしたのだ(この話はトライアスロンジャパンにも掲載されました)
ゴール後のご挨拶に来て感動して泣いていた。
DSCN0251.jpg
ビールを飲み水分補給後乾からびた体も元に戻った

出た!群れ成す千鳥再発見!

めずらしい群れを成す千鳥をまた見つけた。
以前(2008年10月に発見)にもご紹介したが、千鳥饅頭六本松支店で職人さんが手焼きの千鳥饅頭(釜出し千鳥饅頭)を作っていた。

千鳥饅頭は通常工場で作られて出荷されるので時間が経っており皮はしっとりとしている。
店頭で焼いた千鳥饅頭は皮がサクサクなのだ。

そして手押しの千鳥も注文で群れを成す事が出来る。
右は通常の千鳥。左は珍しい群れの千鳥である。
DSCN0164.jpg
私は右を養殖の千鳥饅頭。左を天然の千鳥饅頭と名付けている。
天然は一つ一つが手焼きで自由自在なのだ。
DSCN0169.jpg
こんな事も出来ちゃう訳です。
因みにこの饅頭はかみさんが店員さんに「うちの主人が千鳥をたくさん押してもらうと喜ぶもので、押してもらえますか?前にもたくさん押してもらったようです」と言ったら。

「あ~憶えていますよ。小さい子が『たくさん押して!』と言う事はたまにありますが、大人で『沢山押して』とリクエストしたのは過去に一人だけなので」

だそうです・・・・・
おれは子供か?

この千鳥饅頭、今日17日まで六本松支店(別府橋バス停前)で店頭にて職人さんが釜から出しての実演販売をしております。

サクサクの千鳥饅頭は食べた事のない食感。おいしいです。
それでは私はこれから宮古島へ旅立ちます。いざ福岡空港へ!!

そうそう、レースナンバーは1115
当日ネットで中継されるようです。宮古テレビだったかな?応援してね。

いよいよ宮古島です。

とうとう宮古島トライアスロン直前になってしまった。
今年は余り練習が出来ていない。体(足)も余り調子がよくない。

5日(日曜日)はトライアスロンの2週間前であったが、小戸のマリノアに出来た素敵な教会でおこなわれた結婚式に呼ばれた。
DSCN0140_20090416015117.jpg

彼は5年前に卒業したての九大の研修医だった頃、人伝に私を訪ねて来て、診療の事を教えて欲しいと言い、毎週末熱心に寺田歯科に通って来ていた。

そんな彼も成長した。
素敵なお嫁さんだ。
DSCN0139_20090416015109.jpg

結婚式は12時から。
朝7時から自転車に乗り志賀島を2周して往復して戻ったら、患者さんからの電話があったので診療をしてから結婚式に行く。
DSCN0147.jpg
僭越ではあるが乾杯の音頭を取らさせて頂いた。
トライアスロンの完走を祈念して乾杯!!(笑)

19日の日曜日は最後の本格調整。
自転車で60キロ。ランで12キロ。スイムを約1.5キロ程度やって練習の打ち上げをした。

さて、いよいよ宮古島トライアスロンも直前に迫って来た。
軽くランをしたり、泳いだりと軽く調整をしている。

体(足)の方もロルフィングでどうにか回復しそうです。
後は吉報を待っていて下さい。

帰福したら宴会だ!!
私はどこへでも参加致します。お誘いをお持ち申し上げております。



洋上スタンドご苦労様

東アフリカ・ソマリアの海賊対策で派遣されている海上自衛隊の護衛艦のニュースが新聞に載っていた。

任務が開始される前に新テロ対策特別措置法でインド洋の西側で洋上給油活動をしている補給艦『とわだ』から護衛艦『さざなみ』『さみだれ』に給油されていたのだ。

『とわだ?』なつかしいです。
私が海上自衛隊の歯科医官だった頃にPKOでカンボジアに派遣された時に乗った艦です。

攻撃型の船ではなく、補給型の船で医療設備も整っていました。
歯科のユニットもあります。もちろん歯医者も乗っています。

災害時などには水、食料、テントなどの物資を運ぶ役割もします。
言い換えれば自衛隊が持っている輸送船です。

新テロ対策特別措置法に基づく米軍艦艇などへの給油、給水支援の為に西インド洋で洋上スタンドとして頑張っております。
今回はソマリアの海賊対策の為に行った護衛艦の給油などもついでにこなした訳です。
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2009-03/31/content_17528466.htm

色々と検索をしていたら、今回の派遣部隊指揮官である第8護衛隊指令 五島浩司一等海佐・・・・
えっ!?五島浩司?・・・・分隊長だ!!

私が江田島の幹部候補生学校で当時分隊長だった方が指揮官でソマリアに行かれているのでした。

写真を見ると・・・・当時の面影がない。じじいになっている(私より4歳年上である)
偉くなったな~
ん?とすると私もじじになっているという訳?・・・・・・

分隊長ご苦労様です!!↓
http://mainichi.jp/select/wadai/graph/20090314/18.html

FC2Ad