福岡市城南区鳥飼の寺田歯科医院の院長のブログ

福岡市城南区鳥飼で、父の代から50年間開業している地域で最も古い歯科医院「寺田歯科医院」院長が、 日々の出来事や歯に関すること、トライアスロンのことなどを書いているブログです。

痛!歯がしみる割れる 本当は怖い!知覚過敏

22日(水曜日)の『ためしてガッテン』はご覧になりましたか?
私は勉強会の出席の為に見れませんでした。録画しておくのも忘れてしまって・・・・
同じく見てない方もいらっしゃるのでは?

でも下記のNHKのHPをご覧になるとよくわかると思います。
痛!歯がしみる割れる 本当は怖い!知覚過敏

噛み合わせの外力(食事時以外で上下の歯がぶつかる行為)が歯の根元付近に断続的に加わり、その力のストレスにより根元の構造体が脆弱になり目に見えない『外傷性の崩壊』をはじめるのです。

そこに硬い歯ブラシや研磨剤を含んだ歯磨きペーストを使って横磨きでゴシゴシとやると歯が削れてしまう。
これが『くさび状欠損』 V字に歯が削れてきます。
そのはじまりの自覚症状が『知覚過敏』

最近では『Tooth wear(ツースウェア)』と言って『むし歯でないのに歯が溶ける(欠ける)』状態が問題になってきています。これに口腔内の酸性状態が大きく関与しているのです。

古くは胃酸が上がって来て歯が溶けるとか言われていました。拒食症で吐きまくっていたら歯は溶けてボロボロです。ある女優さんで拒食症で有名になった人がいますよね。その人の口の中はぜ~んぶ被せものでした。溶けちゃったのね。

最近は酸性の食品にも注意と言われています。
黒酢は体にいいかもしれないけど歯にはよくないのです。口に含んでクチュクチュしていると歯は溶ける環境にあります。(口の中の酸性傾向は唾液によって中和されます)

だから食後すぐに歯を磨くのはよくないと言う先生がいます。食品で歯が弱くなった時にゴシゴシやってはいけないという事です。ボク自身も食後すぐには磨きません。磨くとしてもおおざっぱです。歯磨きは夜の歯磨きを徹底してやってます。

ただ注意してもらいたいのはこれらの事は成人に対しての事です(歯周病とToot wearを重視した磨き方です)
子どもの場合はむし歯予防の観点から磨き忘れてしまわない様に早めに磨いて下さい。

たましてガッテンに出ていたポイントです。
●回数より質
最低1日1回、特に寝る前の歯みがきはみがき残しなく、完全に歯こう(プラーク)を取り除く。
●道具を増やす
歯と歯の間もきちんとみがくため、デンタルフロスや歯間ブラシが効果的。
●定期検診
定期的に歯科医院に通うことが大切。目安は半年に1回。(個人差があるので、歯医者さんの指導に従って下さい。)

私も診療室や講演などで同じ事を話しています。
最後に私が付け加えさせて頂くと、食事以外の噛み合わせ外力ってなんだと思いますか?
『歯ぎしり・食いしばり』です。ブラキシズムと言います。
これはみんな行う生理的行為です。寝返りと一緒と思って下さい。酷くやる時とそうでない時があるかと思いますが、どうしてもやってしまう。

その予防は歯にカバーを掛ける事です。スプリントとかマウスガードなどと言われています。
予防に関心がある方はご相談ください。

海猿

二連休はどう過ごされていましたか?
19日は午前に室見川河川敷から今津運動公園までを往復ランをしてから、午後は南極観測船『しらせ』の見学に行き、夕方からスポーツクラブでバイクのトレーニングをやってました。

20日は午前に白糸の滝まで次男と行きました。
DSCN2148.jpg
目的はヤマメ釣り
DSCN2145.jpg

DSCN2146.jpg
こんなに見えているこいつらを釣る訳ですから大変です。それも店で貸される太い針で釣る訳ですから難しい。ヤマメに針が見えるっちゅうの。

釣果は
DSCN2150.jpg
頑張って釣りました。

午後からは長男と映画『海猿』を見に行きました。
公開直後だったので多くの人がいましたね~

余りにすごい宣伝だったので結構期待して行ったんですがね・・・・
潜水というよりも救難色が強かったですね。

今日の『海猿』、昨日の『しらせ』
海保よりも海自の方が仕事がいいな(☆海保の仕事は重要です)

そういえば海保はそんなに潜らないのよね。基本海面だから。
海上保安庁の羽田の訓練センターには室内プールに嵐を再現して波が立つ装置があると聞きました。

海上自衛隊には水深12mプールに1ノットの海流を起こす装置があって海保にはないから、海保の人がたまに訓練に来ていましたね。

ついでに私の海猿時代いや潜水医官課程時代の写真です。
寺田潜水
午前中は講義(潜水医学中心)、午後は潜水実習でした。
名称未設定 1
全装備で85キロもある軟式潜水(ヘルメット潜水)
いじめのような訓練でした。
通常のスキューバ潜水ももちろんやりました。

話は戻りますが、それにしても忙しい連休だった・・・

南極観測船「しらせ」

18.19日に海上自衛隊所属の南極観測船『しらせ』が箱崎埠頭に接岸して一般公開を行ったので、日曜日の午後海上自衛隊時代に同じく歯科医官をしていた山口先生と一緒にしらせを表敬訪問させて頂いた。
DSCN2144.jpg

元海上自衛隊隊員という事で一般公開とは違うルートで艦内に入れて頂いた。
案内された士官室で当直士官からしらせのビデオを見せて頂き医務室へ向かう
DSCN2127.jpg
士官室(士官室は食堂を兼用する)
DSCN2124.jpg
しらせには6人乗りだがエレベーターが付いていた。すごい・・・
DSCN2113.jpg
まずは歯科診療室から・・・・
ユニット(治療台)は一台、揺れる船用に様々な特別設計が施されている。
DSCN2093.jpg
揺れる時はユニットを固縛する
周辺機器の充実度は他の海上自衛隊の艦よりも凄い!
DSCN2083.jpg
小さな写真を撮るデンタル。これは当然必要だ。
DSCN2082.jpg
驚いた事に大きな写真を撮るパノラマレントゲン撮影機があった。もちろんデジタル対応。相当な値段はするな・・・・
以前は乗船する自衛隊員と観測隊隊員すべてに事前にパノラマ写真を歯科医院で撮って来てもらっていたらしいが、今はその必要がない。
DSCN2089.jpg
デジタル現像処理機。パソコンと連動している。
DSCN2098.jpg
オートクレーブ滅菌器はもちろんある
DSCN2097.jpg
タービンの自動洗浄機がある。寺田歯科にはあるが持ってない歯科医院の方が多いかも・・・・
DSCN2087.jpg
歯科診療スペースの全体。左には移動式口腔バキュームがある。これも寺田歯科ではご存知の大きな吸引機だが多くの歯科医院が持ってない。

手術室と通常の処置室が備えられていた。
DSCN2090.jpg
手術も出来る処置室。立派な無影灯付きだ。
DSCN2112.jpg
無影灯。通常のとは違って揺れで動かない
DSCN2091.jpg
こちらは更に高度な手術に対応する手術室。より無菌室になっている。

DSCN2103.jpg
全身麻酔の器械
DSCN2104.jpg
寺田歯科にあるのとは比べ物にならない電気メス。デカ~いくらするんじゃい!?
DSCN2106.jpg
内視鏡カメラ
他にもレントゲン装置、生命維持装置など立派な設備だらけだった。この船は文部科学省が造って海上自衛隊が運航している特殊な扱いの船で予算は文部科学省から出ているから沢山予算が出ているようだ。蓮舫さんに見つからないようにしないと・・・・(笑)

DSCN2119.jpg
艦の階段に驚いた。まるで客船のようなゆるい角度の階段だった。海上自衛隊の隊員だけじゃなくて一般の人(観測隊員)も乗せるからだろうか。
DSCN2137.jpg
通常の護衛艦のタイプの階段もあった。なつかしい。

DSCN2136.jpg
トイレがウォシュレットだった!!それも陶器。驚き!護衛艦は金属(真鍮)の便器だったのに・・・・

DSCN2121.jpg
散髪屋もある
DSCN2120.jpg
カットは趣味で腕のいい隊員が行う

DSCN2128.jpg
活動に欠かせない、スノーモービル。でかいな。
DSCN2129.jpg
南極の石。我が家にも小さな石がどこかに転がっている。

DSCN2123_20100921005642.jpg
南極観測員の居住区。海上自衛隊の幹部居住区と同じと思われる。(一般隊員はもっと狭いのよ)

DSCN2116.jpg
操舵室から見た艦首。凄く高い。
DSCN2118.jpg
艦長の椅子。艦長の椅子は赤いです。還暦とは関係ありません。

DSCN2142.jpg
とてもでかい船だった。この艦での南極航海は今年で二度目。無事の航海を祈ります。

これは見るべし

9月22日(水曜日)の夜、放送されるNHKの『ためしてガッテン』を是非見て下さい。
最近さまざまなところで話題になっている「知覚過敏症」について放送されます。

http://cgi4.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20100922

詳細は私も知らないのですが、「Tooth wear(ツースウェア)」についても話が出るようです。
う~んこの話題は素人に話していいんだろうか・・・・

寺田歯科では患者さんに対して歯科での二大疾患(病気)は『むし歯と歯周病』です。そして第三の疾患が『知覚過敏・歯ぎしり・歯の破折』と話しております。

『知覚過敏・歯ぎしり・歯の破折』の3つの症状は一連の症状なんです。
番組で上手に理解させてくれるといいですね。

秋の運動会

まだ暑いけど殺人的な暑さは和らぎ、秋の訪れを感じるようになってきました。
12日は恒例の室見川ランニングクラブの『100キロチャリティ駅伝』が行われました。
DSCN2070.jpg

これは室見川の最初の堰である「一の堰」を拠点にして2キロの距離をタスキリレーしてトータル100キロを走り、その間に盲導犬育成の募金箱を設置。走った自分へのご褒美に自由に金を入れるというものだ。
DSCN2075.jpg
2キロ毎なので枠が50ある。走るのは2チームだから全部で100枠。
自分で走りたいとこに名前を記入して走る、続けて5枠という人もいた。
DSCN2069.jpg
それぞれのタイムと合計タイムが記入されていく。
DSCN2076.jpg
私の番

DSCN2068.jpg
河川敷にはいつものクラブのテントだけでなくビニールシートも広げられた。
100キロ達成後このビニールシートの上で宴会が繰り広げられる・・・・・まるで大人の運動会だ。
DSCN2077.jpg
因に私は宴会前に帰りました。

DSCN2064.jpg
一の堰

一の堰のところでひっかけ釣り(狩りだな)をしている人がいて、70センチのスズキが上がっていた。
DSCN2079.jpg
驚いた事に青ヤガラもつかまっていた。ヤガラも汽水域にいるの?こんなところまで上がって来るなんて・・・・
DSCN2067.jpg

休診のお知らせ

9月4日(土曜日)の午後はインプラントの講習会の為に休診を致します。

この講習会は毎月第1土・日曜日に行われておりまして、11月までご迷惑をおかけいたします。
特に今月は衛生士も同時に受講となっておりまして土曜日の午後は完全に休診とさせて頂きます。

知識を増やし、技術を向上させて来週からまた頑張りますので宜しくお願いいたします。

FC2Ad