福岡市城南区鳥飼の寺田歯科医院の院長のブログ

福岡市城南区鳥飼で、父の代から50年間開業している地域で最も古い歯科医院「寺田歯科医院」院長が、 日々の出来事や歯に関すること、トライアスロンのことなどを書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こども病院移転計画調査委員会

『こども病院移転計画調査委員会』の傍聴してきました。
市民委員を公募していたので私も応募したのですが、2/322という倍率で抽選から漏れました。

市民委員の1人は九州産業大の商学部の准教授だそうで研究テーマが『病院原価計算』という病院事務論を教えているんだとか、報道で見ていても抽選後にすぐに会見に出ていたしなんだか選出が怪しいな・・・
出来レースじゃないのかな?・・・・とも感じましたが、結果的にはいい人選だったのではないかと思いました(ボクじゃなくてよかったかな・・・)

最初は傍聴席において反対派がちょっと過敏な雰囲気を持っていたような気がしました(こども病院移転反対に好意的意見の時には拍手が湧くんですよね)
だけど、経緯を聞きながら『最初から人工島ありきだったんじゃないか』って事もよくわかりました。

K3400004_20110204085405.jpg
会議風景

たぶん今の場所(唐人町)からの移転は避けられないとは感じましたが、なぜ人工島じゃないといけないのかという検証が十分ではないとも感じました。
経緯が曖昧で、他の場所での見積もり比較などがまったく見えない。
このあたりをしっかり検証しないと人口島に不備な病院が出来上がるだけだと思いました。
(説明するのが市役所職員で公務員というのは本当に融通が効かないな~と元公務員として感じました、笑)

例えば鉄筋コンクリートの建物は50年以上、70年ぐらい保ってもおかしくない訳で現在のこども病院は30年経過からすると解体は早すぎる訳です。日本は地震が多いので欧米よりも耐用年数が早いのかもしれないがそれにしても早くに建て直すという事は税金の使い方に疑問が湧く訳です。

唐人町の近くという事で『九大六本松跡地、九大田島寮跡地、旧当仁中学(現城西中第二グランド)』の候補あり、この中では城西中第二グランドが第一候補になり狭さや交通の問題ですぐに没(当たり前だろ)になったそうで、なぜ九大六本松跡地の検証がしっかりとなされてなかったのか?と中間経緯の疑問もありました。この検証の甘さでは税金の無駄使いに繋がるかもしれないと感じました。(もっと他にいい手があるんじゃないのか?)
K3400008_20110204085404.jpg
会議場には報道陣がいっぱい駆けつけておりました

市民が『自分の事と関係ないから』と興味を示さないのは市民として自覚の不足だと今回傍聴して感じました。
それは歯医者が『まったく歯科の事を理解してくれないんだから・・・』と一方的に自分ら以外の人(政治家であったり、患者さんであったり・・・)の事をいう場面に共通しているかもしれない。
今の歯科医療界を良くする為には、自分ら歯医者も世の中の事をよく理解していかないといけないと思う。

こども病院移転計画調査委員会のHPはこちら↓
こども病院移転計画調査委員会

K3400010_20110204085404.jpg
天神の中心に建つ市役所15階東側からの眺望。中州を見下ろすいい眺めです。ここには食堂とかもあるようで平日に一度来てみたい。
スポンサーサイト

委員会旅行

公衆衛生委員会は3年任期となっておりまして、任期の最後に委員の先生方と慰安を兼ねた研修旅行に行く事になっております。

今期の委員会ではマイクロバスをレンタルして湯布院に行ってきました。
雪がぱらつく中強行出発です。
DSCN2611.jpg
行きの車中は早い時間から酒が・・・・
DSCN2612.jpg
予想以上の雪が短時間で降り結局チェーンを付けなければいけない事態になりました。
最初チェーンが見当たらなくて焦りました。

ハプニングはありましたが、どうにか宿に着きました。
DSCN2629.jpg
宿は『別荘ふるさと』 そうです、うちのかみさんの実家の宿屋です。
DSCN2615.jpg
風呂に入ってから宴会がはじまりました。
DSCN2617.jpg
最初の方の料理の写真を撮るのを忘れておりました。
↑これはメインのバーベキュー。豊後牛のはしで切れるお肉です。
DSCN2619.jpg
15人用の棟は夫々の小部屋と大きなリビングがあります。ここでまた二次会がはじまりました。
DSCN2635.jpg
15人用の棟の外観
DSCN2626.jpg
この日はこの冬一番の寒気で外は雪景色。手前は内湯、外の冷え込んだ露天風呂に1時間もつかり、みんなで雪見酒をやりました。

DSCN2622.jpg
翌朝は宿で定例委員会を開催しました。真面目に取り組む面々達・・・・
DSCN2623.jpg
前夜の酒も覚め、真剣な眼差しで活発な意見も・・・

宿を後にして帰路につきました。
途中寄ったのが日田のソバ屋さんの『麦屋』
DSCN2644_20110204005332.jpg
ここでソバのセットを頂きました。昼間からおいしい日本酒も頂きました。
鮎の干物、ソバ、麦飯(お腹いっぱいでボクは頂けなかった・・・)特にソバはとってもおいしかったです。
DSCN2641.jpg

DSCN2645.jpg
日田には昔ながらの家並みが見られる所もあります。ゆっくり散策して見るのもいいですね。
写真は酒蔵。
DSCN2655.jpg
酒蔵資料館の入り口、杉玉が飾ってありました。
杉の葉(穂先)を集めてボール状にした物で、酒林(さかばやし)とも呼ばれています。造り酒屋の軒先に緑の杉玉を吊すことで、新酒が出来たことを示す。吊るされたばかりの杉玉はまだ緑色であるが、やがて枯れて茶色になる。この色の変化で新酒の熟成の具合を知るそうである。

DSCN2632.jpg
3年間一緒にやってきたメンバーです。任期満了まで後少しです。
研修旅行お疲れさまでした・・・・・

菜の花マラソン

指宿菜の花マラソンを完走して来ました。
昨年秋から足が痛く、暮れに医者からアキレス腱が腫れているから「運動止め」を頂きました。

そんな中完走は無理かと思っていただけに無事完走出来てよかったです。
アキレス腱の腫れも思った程ひどくなかったのですが、翌日になったら練習不足で足全体が痛い

土曜日の夕方まで診療をして鹿児島の指宿の宿に着いたのが夜の10時前。
宿は『こころの宿』といってスタート地点の前でもありかなりの人気の宿、ここは温泉もとってもいい。
K3400040.jpg

朝5時半に起きて部屋から外を見ると渋滞が起こってました。
K3400001.jpg
7時過ぎの光景。ここがスタートラインです。
K3400002.jpg

スタートは朝9時。今年はとても寒くってスタート前に宿の温泉でウォーミングアップ
スタート前は温泉効果でとっても暖かく快適でした。
K3400003.jpg
K3400006_20110110140518.jpg
今年は足も痛く、練習も出来てなかったのでゆっくりと行く事にしました。
2万人を越える人気の大会。地元の人たちの暖かい応援もしっかりと受けたいと思いました。

早く植えたのか菜の花もすでに満開。
K3400039.jpg

K3400004.jpg
9時一斉にスタート
K3400010_20110110140518.jpg
昔イッシーがいると言われた池田湖。後ろに開聞岳
K3400023.jpg
毎回ボランティアの方々には頭が下がる思いです。
エイドステーションは公設と私設があるのですが、区別がつかないぐらいに私設エイドも盛大です。

写真は公設エイド。
だけど私設エイドみたいに自腹切ってやってくれてます。
生のキンカンはとってもおいしかった。

K3400014.jpg
フラワーパーク前でのパッションフルーツのジュース
K3400012.jpg
酸味があるけど、おいしかった
K3400013_20110110140600.jpg
K3400011.jpg
芋やバナナはふんだんにありました。
オレンジ色の芋は安納芋。スイーツな食感です。
K3400016.jpg
そら豆を焼いて食べさせてくれるエイド。余りにおいしくて思わず『焼酎は?』って聞いてしまいました。
K3400017.jpg
横ではぜんざいが振る舞われていました
K3400020.jpg
ミニトマト
K3400026.jpg
ムラサキ芋ようかん
K3400018.jpg
そら豆スープ。これはライトで旨い
K3400025.jpg
食べる物には困らない。食べきれなくて困ってしまう・・・・
K3400027.jpg
やっぱり、安納芋は旨い!
K3400028.jpg
茶ぶしステーションがありました。かつお節と味噌にお湯を注いだスープ
K3400029.jpg
飲み易いように鰹節が少なめだ。
K3400021.jpg
K3400030.jpg
ゴール5キロ手前のそら豆ステーション
K3400031.jpg
そら豆とタマネギ、それにバターを溶かしているスープ。
とっても旨い!おいしいからと3倍飲むと胸焼けがします・・・・

K3400032.jpg
茹で立てのそら豆はとっても旨い!
K3400033.jpg
4時間28分で無事ゴール
K3400034.jpg
本当に楽しい42.195キロでした。
K3400035.jpg
ゴールしてからの茶ぶし、かつお節がたっぷりと入っています。冷えた体にとってもうれしい

走る前は完走出来るのか少々不安だったけど、やれば出来ました。
走る途中に宮古島トライアスロンで出会った言葉が脳裏に浮かんで来ました。
『苦しいのは皆同じ』『自分に負けるな』『最後まであきらめるな』・・・・(詳細は2010年4月のブログを)
K3300022.jpg
この言葉は若い世代の人の『座右の銘』にしてもらいたい。松岡修造じゃないけど『頑張れ!負けるな!』ですよ。

ゴールしての達成感というか満足感は他では味わえないですね。
明日からの仕事(診療)に踏ん張りが出るし、より一生懸命にやろう、頑張ろうって気持ちになりますね。
走らない人を否定はしないけど、頑張ってスポーツするのはいいですよ。

診療開始

3日の休日歯科急患センターは受診者が19人で正月とは思えないとっても少ない人数でした。
聞けば元旦は30人、2日は26人だったとか。

この人数を歯医者2名、衛生士3名、受付け3名でこなすのですよ。楽勝です。
以前は正月ともなると50人以上も来ていたのですがね。

年間を通して毎年急患センター受診者が減っているようです。
運営のあり方自体も考える時期が来ているともいえますね(急患センターは福岡市の管轄なんですよ)

さて、今日4日から新年の診療がはじまりました。
年の瀬に衛生士が1人辞めたのでちょっと大変です。補充が出来ておりません。どなたかいらっしゃいませんかね~?3月まででもいいんですよ。今手がちょっとだけ空いているという衛生士さんはご連絡下さいませ。

しかしどこの歯科医院も衛生士不足で悩んでいるそうです。
働き手がいないんですよ。これには歯科業界の不況(歯科医余り)も影響しているようです。

どこの歯科医院も遅くまで働いている。
日曜日も普通に開けるところも増えて来ているようだ。

毎年メーカーから予約帳を頂くのだが、今年の分を開けてみてなんだか違和感を感じた。
PICT00<br />04_20110105003816.jpg

PICT0005_20110105003816.jpg
これが今年の予約帳
PICT0006_20110105003815.jpg
これが去年の予約帳

なんだからマス目が小さい・・・・
おっ!!なんと診療時間が遅くまで設定されている。
PICT0002_20110105003817.jpg
去年の予約帳は7時代まで、自分で書き増やしても8時代までしかない
PICT0003_20110105003817.jpg
今年の予約帳は8時代まである、書き足して9時代になってしまう

みんなそこまで働くのか・・・・(私は無理だ)
歯科医院が増えすぎて競争が激しくなり夜遅くまで診療するというパターンが多くなっております。
まだ日曜日は記入されてないのですが、そのうち最初から日曜日も入れられて年中休みなく働くという風になったりして・・・・

でもそうなると労働者(ドクター)の質の低下は免れませんよね。息が続きませんもの。
そして就職希望者が不足するのは当たり前かもしれません(3Kって言われます)

寺田歯科医院は今年も夜7時で終わりです。
どうしても無理な方がいらっしゃれば予約の上で時間を延長もやっております。
可能な日とそうでない日があります。他の仕事もありますからね。

因に木曜日は13時まで(祝日がある週は後半もやってます)
土曜日は17時までの診療となっております。

カレンダー

昨年は頂いたカレンダーがとっても少なかった。
たぶん今まで一番少なかったと思う。

DSCN2594.jpg
頂いたカレンダーを全部集めてこれだけ・・・・
これだけあれば十分ではあるのだけど、数が少ないと好きなカレンダーの数も少ない。

中には面白い卓上カレンダーがあった。
シュミテクトやポリデントなどを販売しているグラクソ・スミスクラインという会社から頂いた。
DSCN2598.jpg
カレンダーの写真を見てみるとどこかに寺田歯科のネーミングが入っている。
『TERADA DC』DCというのはデンタルクリニックつまり歯科医院の略だ。

DSCN2596.jpg

DSCN2595.jpg
これらは大きくてわかり易い、海岸の砂浜に書かれていたりと見つけにくいのもあるが、毎月の写真にほどこされている手の混んだカレンダーだ(たぶんPC操作ですぐ出来るんだろうな)

10年前だと山の様にカレンダーを頂いて、好きなカレンダーを選び放題だった。
数年前から頂く数が減っているのは気づいていたけれど、昨今の不況を物語るようだ。

不況はあらゆる所に影響を与える。
もちろん歯科医業界にも。今年の暮れには沢山のカレンダーを頂ける様な年になって欲しい。

寺田歯科医院は4日から新年の診療開始ですが、明日3日は私は『休日歯科急患センター』の当番医です。
新年早々にエンジンがかかります。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

さて、元日の私は恒例の三社参り&初日の出ランを慣行致しました。
今年は天気予報では『暴風雪』などと言われていて当初は走るのが無理かと思われていたのですが、朝起きてみたらさほどでもなく、さすがに初日の出は絶対に無理だと思っていたのですがちゃんと拝めました。

18時15分から室見川の一ノ堰をスタートして愛宕神社に下り、その後室見川を上り橋本八幡を経由して飯盛神社に行き、初日の出は飯盛山の中腹で。

K3400006.jpg
自衛隊仕込みの直立不動?まだ前日の酒が残っております・・・

今年は本当に初日は無理だと思っていたのでご来光はとっても感動致しました。
ただ、思わず拝むのは忘れておりました。太陽を見て『あ~よかった。初日が見れた~』って感じですわ。
K3400008.jpg
素晴らしい初日です

拝むのを忘れてしまったので今年はどれぐらい良い事があるでしょうか?
どうしましょ・・・・
K3400010.jpg
ラン仲間と。今年こそは更なる躍進を目指します
K3400013.jpg
山の上にある飯盛神社の鳥居は冠雪しておりました

帰宅は9時過ぎ・・・・
寒かったし、結構走りました。
でも気持ちは最高ですよ。
今年もよい一年でありますように。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。