福岡市城南区鳥飼の寺田歯科医院の院長のブログ

福岡市城南区鳥飼で、父の代から50年間開業している地域で最も古い歯科医院「寺田歯科医院」院長が、 日々の出来事や歯に関すること、トライアスロンのことなどを書いているブログです。

いざ長崎へ!

日本列島中強い風が吹き荒れる中、長崎まで自転車で行って来ました。

6月に開催される長崎五島国際トライアスロン大会(通称:バラモンキング)に参加が決定したので、より一層のトレーニングに励んでいる身。そんな時に高校時代の恩師から電話があった。
51歳の息子さんが急逝したんだとか・・・・葬儀の日の朝に電話がありかなり動転された様子。こちらもすぐに駆けつけられる状況ではなくお悔やみだけを申し上げました。

その2日後にも電話があった。
前の電話の事は忘れて『あれ?電話したっけ?』という感じで、落ち着きはまだ取り戻せず、寂しそう・・・・
電話の終わりには『・・・・という訳で慰めに来て』という言葉が。

これは行かねばならぬ・・・・という事で、トレーニングをさぼらずに長崎に行くにはどうしたらいいものかと考えた結果『長崎まで自転車(バイク)で行ってくる』という事だった。

今年は桜が早く咲き、春が早く来たかと思いきや、また寒くなるという気候の変動が多い中、急に暖かくなったのはいいのだが、南西〜南風が半端無く強い日に迷いながらも福岡を西に向け出発。

まず唐津に向かうバイパスで強い横風を受けバイクが横滑りした。この時最初の『辞めて戻ろうか』という思いが発生。バイパスから海沿いに出た所で風は幾分弱まったが、唐津湾を目の前にするあたりで強い南風を受けて二度目の『戻ろうか』という思いが発生。しかし唐津の虹ノ松原内を走っていた時は風は感じなくなった(福岡から50キロ)
IMG_0044_20130504094944.jpg
虹の松原、ここだけは穏やかであった。

唐津から伊万里に向かう道は向かい風ながらもまだ前に進めた。ところが伊万里から佐世保方面(三川内)へは南に向かう道でこれがきついのなんの・・・・『まだ引き返せる?戻ろうか』という思いがまたまた発生。このあたりでの平均時速は12〜3キロという超スローペース、前に進めない。
IMG_0045.jpg
唐津あたり風は強いがまだ許容範囲内だ
IMG_0047.jpg
伊万里を過ぎると思いっきり向かい風・・・・強風で旗が短くなっている

三川内(有田と佐世保の間)から佐世保まではかろうじてまともに走れたが私の電池切れ。佐世保に入った辺りのコンビニで休憩。この後佐世保から長崎までの50キロは坂が多く、進路は南でありながらも山の影になっていたのか風はいくぶん弱まっており走り易かった。
IMG_0050.jpg
西海橋でマイバイクと記念撮影
IMG_0054.jpg
この時期は渦がよく巻いてます
IMG_0056.jpg
よく考えると高所恐怖症で下を見てしまったから、この後橋を渡り切るのが大変でした

IMG_0049.jpg
太平洋戦争時に活躍した有名な針尾の無線電信所。

IMG_0058.jpg
昔のオランダ村(ハウステンボスの前身)今は行政施設となっているらしい

夕方どうにか長崎市内の先生宅に着いた。距離は約150キロ。かかった時間は7時間ジャスト(休憩時間を除く)平均時速21キロ。ずーっと向かい風。長崎から福岡に向かって走るのであれば最高であったろう。

仏様に線香を上げて個人を忍んで話しをした。酒も頂いた。色んな話しをしていたら時間はあっという間であった。
結局福岡行きの最終列車に乗って帰福に至りました(バイクはばらして袋に入れる輪行という形で持って帰りました)
IMG_0059.jpg
帰りのカモメにて

福岡集合!!

外科学会総会が福岡で開催されました。
自衛隊時代のドクターが来福の連絡があり歓待致しました。

IMG_0024.jpg
北海道から来た心臓外科医のドクターと奥さん。天皇陛下のオペをしたあの天野教授と一緒にオペした事もあるそうだ。

IMG_0026.jpg
御存知『ぜん』の刺身盛り、見事です。仕事が綺麗

IMG_0032.jpg
季節がらカナギの一夜干しが旨かった。お客たちも珍しい肴に感激

IMG_0033.jpg
イワシの塩辛小いか干し

IMG_0036.jpg
左が横病時代にお世話になった先輩外科ドクター、右端が麻酔研修時代に一緒だった心臓外科ドクター(今は札幌で開業)真ん中横は後輩ドクター(現役自衛官)

旨い肴と酒で楽しく過ごさせて頂きました

FC2Ad