福岡市城南区鳥飼の寺田歯科医院の院長のブログ

福岡市城南区鳥飼で、父の代から50年間開業している地域で最も古い歯科医院「寺田歯科医院」院長が、 日々の出来事や歯に関すること、トライアスロンのことなどを書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑う花

バイクで糸島を走っていたら道端の花を目があった。
『ん!?・・・』
思わず引き返して花を確認。

気になる花だ・・・・
じーっと見ているとその花はなんと笑ったのだ!!
K3400008_20130617013913.jpg
次の瞬間・・・
K3400010_20130617013916.jpg
ね?笑っているでしょ?
スポンサーサイト

ブヒ〜〜

木曜日の午後、休診の時間を利用して油山にバイクで登った。
油山の展望台から福岡市内がよく見えない・・・・
K3400013_20130606034451.jpg

K3400011_20130606034450.jpg
PM2.5によるものだ。凄くよく発生している。
しかしもうこの年なら何も怖くない。

油山で森林浴をし深呼吸をした。
なんだか2.5も一緒に吸い込んだ気がする。ちょっと不味い・・・・・(そんなのわかるのだろうか?)
この大気はどうにかならんもんだろうか?不安である。

視界の悪い市内を眺めていると、背後になんか異様な気配が・・・・
おじさんが何か見ている。
よく見るとイノシシがいる!
K3400015_20130606034453.jpg
親子4匹です。

K3400018_20130606034454.jpg
ブヒ〜〜 

マラニック

毎年恒例の室見川ランニングクラブのマラニックに行って来ました。

早良区城ヶ原バス停(脇山口の近く)に集合し出発
IMG_0109.jpg

IMG_0111.jpg
最初は皆一緒にゆっくりと走って行きました。

IMG_0112.jpg
板谷峠は急な坂できついです。

IMG_0114.jpg
第一関門の板谷峠、653mです。

IMG_0120.jpg
背振山頂から見る航空自衛隊基地。1000mの頂きにレーダー基地があります。この高さのお陰で敵国から襲来するミサイルなどを捉えます。

IMG_0119.jpg
背振山頂から次の目標地点を眺めます。気象台の観測所が見えます。

IMG_0126.jpg
佐賀をまたいで、背振山系の尾根を走ります。

IMG_0141.jpg
尾根を走るとはいえ、結構なこう配がありきついです。

IMG_0136.jpg
今が見頃のシャクナゲ

IMG_0147.jpg
沢山の三つ葉ツツジも満開で見事でした

IMG_0142.jpg
佐賀側の眺望


IMG_0149.jpg
最後の尾根の頂上、金山967m。

登ったり下ったりとキツかった〜
この金山から下りとなりましたが、急勾配の下り道も結構キツかった。

下った所にある『千石の郷』でお風呂を頂きお開きとなりました。
30km弱の行程。今回はゆっくりと進んだので楽しいマラニックとなりました。
でもやっぱりきつかったです

合宿打ち上げ

GWが終わった〜!!
うれしい〜〜〜!!!

と思うのは私だけ?
この連休中、毎日トレーニングに励みました。

3日は150kmのバイクと12kmのランニング。
4日はランニング12kmとスイム
5日は23kmのランニング
6日は80kmのバイクとスイム

いや〜本当に連休が終わった
やっとゆっくりできます

大脱走!!

父が入院した。
先週末に発熱があって診察の結果、肺炎を起こしているという事で大事を取っての入院だった。
だがその父が4日(祝・土)の朝6時半頃にタクシーに乗って帰って来た!!

『ピンポ〜ン』休みの日の早朝に鳴り響くインターホンの音。
3階(居住区)から見下ろすとタクシーが停まっている。
慌てて玄関に行くと、父が1人で手すりを使いながらも2階までスッスッと登って来るではないか。

タクシーの運転手曰く、(入院している)病院の前でタクシーを停めて『鳥飼5丁目まで・・・』と言ったそうだ。
入院の患者衣(薄着)、サンダル・・・なんか変だとは思わなかったのだろうか?

どうあれ戻って来てしまったものは仕方がない、タクシーの運転手に金を払って帰ってもらった。
病院に父の脱走の件で連絡を入れた所で、母が私を呼びに来た。
父は『入れ歯が痛い』とか言って1階の診療室まで1人でスタコラと降りて行ってしまったのだ。
そう、今回の脱走の理由は『入れ歯が痛いから戻った』というのだ。

入れ歯の調整を終えて、再び病院まで送って行った。
病院までは自家用車で送ったのだが、いざ病院前で降りる時にスムーズに足が動かない(車から降りれない)のだ。家に戻った時はそれなりに動けていたのに・・・・驚いた。そして笑った。(病院の警備の人曰く、『(ちゃんと見ていたので)どこから出て行ったのかがわからない』のだそうだ)

どうも病院が嫌だったのだろう。熱も下がって体調もそれなりに良かった様だ。
『帰りた〜い。病院には居たくない。』そんな気持ちが拒否をする。
GW中の為、担当医がおらず、退院は7日以降となった。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。