FC2ブログ

福岡市城南区鳥飼の寺田歯科医院の院長のブログ

福岡市城南区鳥飼で、父の代から50年間開業している地域で最も古い歯科医院「寺田歯科医院」院長が、 日々の出来事や歯に関すること、トライアスロンのことなどを書いているブログです。

フッ素

歯科校医をやっている別府幼稚園でフッ素の講演を行いました。
講演といいますか、幼稚園で実施しているフッ素洗口の説明会ですね。
IMG_6525.jpg
フッ素熱弁中

毎年の歯科検診のあとにお迎えに来られたご父兄の方を対象に行いました。皆さん熱心に聞いて下さいましてよかったのですが、意外と人数が少なくて(対象人数の1/3ぐらい)その点ではちょっとガッカリでした
IMG_6512.jpg

こちらの幼稚園ではフッ素洗口を以前より試みておりまして、昼食後に歯を磨いてフッ素洗口をしております。
「うがいが上手にできない子」や「フッ素洗口に疑問を持たれている(親御さんの)子」は水だけでのうがいを行なっております。

フッ素には3つの働きがあります。
1、歯を強くする働きがあります(耐酸性)
2、初期のむし歯を治す(再石灰化)
3、むし歯菌の抑制をする(抗菌作用)
因みにフッ素は骨も強くなります。(骨粗鬆症の薬にはフッ素の錠剤があります)


フッ素は自然界に存在する微量元素でありまして、以前は子供の成長期(未成熟な歯)に必要で、成人(成熟した永久歯)になるとそこまで必要ないという考えがありました。

現在ではフッ素は生涯摂取すべきであり自然界に含まれる食品やフッ素入り歯磨きペーストでは不十分という事で厚労省は世界基準のWHOの方針に基づき、昨年よりフッ素入り歯磨きペーストのフッ素濃度を高くする(成人向き製品のみ)様に各メーカーに指導しました。    
これは異例な事だと思います。
それ位に日本のフッ素不足が問題なのだと思います。
フッ素
食品に含まれるフッ素の量

フッ素の応用(取り込み方)には日本に於いては大きく3種類あります。
1、歯医者さんで高濃度のフッ素を塗ってもらう
2、フッ素の洗口をする(自宅で毎日行うのが主です)
3、フッ素入り歯磨きペーストで磨く

予防効果はそれぞれ
1、30〜40%
2、50〜80%
3、20〜30%
という結果なんですよ。

ん?歯医者さんで塗ってもらうよりも毎日洗口した方が効果が高いの?と思われる方もいらっしゃいますね。
例えるならば『夏バテ防止でうなぎを食べても毎日がそうめんでは栄養が付きません。毎日少なくても栄養のあるものを摂取するのがいい』のと同じです。
予防というのは毎日続ける事が大事なのです。

毎日栄養のあるものを頂き(これが毎日のフッ素洗口やフッ素入り歯磨きペースト)、たまに栄養ドリンクを摂取する(これが歯医者さんでのフッ素塗布)のが一番良いかと思われます。

お家でのフッ素入りペースト使用の効果も低いのですが、これは磨いた後の洗口のやり方が間違えていたり、今までの低い濃度の歯磨きペーストの結果だと思われます。

フッ素入り歯磨きペーストの正しい洗口の仕方は『30〜50ccぐらいの一口だけの水で洗って吐き出す』それ以上はうがいとしないのです。フッ素の成分が口の中に残る様にしないと効果が薄れてしまいます。

私は歯を磨いた後はしっかりとうがいしたいタイプなので、その後にフッ素洗口を行なっております。


探偵ナイトスクープ・・・追加訂正

『亡き父の匂いを再現したい』という依頼が6月2日の深夜に放送される
と書きましたが、当日見ていたけど放送されませんでした。

おかしいと思って調べたら近畿での放送は6月1日(福岡の前日)となっていたのですが、福岡は更に遅くて一月遅れで7月7日(土)の深夜と判明致しました。

私はTv-erで見ちゃいました。確かに感動しましたね。
いい話でした。
七夕の深夜は是非探偵ナイトスクープを見て下さい。

FC2Ad