FC2ブログ

福岡市城南区鳥飼の寺田歯科医院の院長のブログ

福岡市城南区鳥飼で、父の代から50年間開業している地域で最も古い歯科医院「寺田歯科医院」院長が、 日々の出来事や歯に関すること、トライアスロンのことなどを書いているブログです。

3月30日(土)の診療のお知らせ

30日(土)は午後早めに診療を終わらせて頂きます。
それに伴いまして、土曜日の診療時間の変更をお知らせいたします。

30日(土曜日)に限りまして、午後の診療を13時半より開始致します。
診療時間は15時までとさせて頂きます。

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い致します。

堀ちえみの舌ガン

ブログをサボっておりました。すみません。

先日堀ちえみさんが舌ガンを公表し、大手術に臨みました。
ステージⅣでリンパ節に転移していたそうで、全身への転移も疑われますよね。
術後は抗がん剤などで対応するのでしょうが、無事に完治してもらいたいですね。

昨年の夏頃に口内炎が舌の裏側に出来たそうで、なかなか治らないという事で11月にかかりつけの歯科医院でレーザーで焼いてもらったとか・・・
夏頃から歯科医に相談していたのかはわかりませんが、内服薬の副作用と思っていたとか・・・そういう事もあるでしょうが、余りに治らない場合はやはりガンなどを早期に疑わないといけないと思います。

堀ちえみさんのは場合はレーザーで焼いた(たぶん炭酸ガスレーザーだと思われます)事が余計にガンを悪化させる原因にも繋がったと考えられます。
口内炎にはレーザー治療は適応なのですが、ガンは不適応なのです。

寺田歯科にもレーザーはありますが、私は第一選択にはしておりません。まずは薬の塗布です。それで反応を診てから必要な場合はレーザーも使います。

私の場合はこれまでに数件のガン患者を見つけて大学病院などに紹介しております。
舌の横側に出来た口内炎で来られたAさんは受診後1週間で『舌ガンの疑い』と判断して大学病院を紹介し、早期に手術を行いました。その後再発もなく無事に過ごされました。
当時教授から『よく見つけたね』と言われました。

実は私の父であり、寺田歯科の先代も口腔ガンになりました。歯肉ガンと一部が広がって舌ガンになってました。これは一発で判断して大至急大学病院へ、手術をして頂きました。幸い頸部への転移はなく3年間再発もなく、その後老衰で亡くなりました。
ガンが結構広がっていたのは本人が私に相談したのが遅かったからです。つまり受診してなかったからです。

白板症という病気があって、これは前癌病変と言われてまして、癌になる可能性のある病気です。
Bさんはまだお元気な時に私が白板症を指摘して大学病院の受診を勧めました。
一人暮らしで、ちょっと頑固でもありました。その後認知症を発症されて歯科受診は縁遠くなっておりました。
ある時、離れて暮らしている娘さんが『父が口をケガしたみたいだ』と連れて来られましたが、ひどい歯肉ガンになっておりました。

早期治療、早期対応が大切です。
ちょっとでもおかしいと思われたらご相談下さい。