福岡市城南区鳥飼の寺田歯科医院の院長のブログ

福岡市城南区鳥飼で、父の代から50年間開業している地域で最も古い歯科医院「寺田歯科医院」院長が、 日々の出来事や歯に関すること、トライアスロンのことなどを書いているブログです。

日曜日の過ごし方

13日、日曜日は休日急患当番で大名にある歯科医師会館で当番医をやりました。
お休みの日に突発的な症状で来られる方を診るのですが、今日来られた患者さんは7名。

ドクター2名に衛生士が3名。そして医療事務の方を2名を出動させています。
この人々は一日公務員にされておりまして、日当は福岡市から出されています。

具体的な金額は伏せますが、相当な出費です。
たった7名の患者さんでは当然、大赤字です。

私は人員削減を発言しているのですが、誰も聞いてくれません。
理由はどうせ『福岡市が出すから』
そうです。歯科医師会からの出費ではないのです。

すみません、上記の様な事は言われていません。
『少ない日もあるが、多い日もある。だから2人体制は維持しておかないといけない』だそうです。

どうしても福岡市の財政の事が気になる。
というか普通に気になる私はおかしいのかな?

福岡市の歯科急患センターは正月やゴールデンウィーク、お盆は患者さんが多いようですが、統計的に見ても通常の日曜日は患者さんが少ない。

それに今時日曜日に診療している歯科医院は結構ある。
だったら税金からの捻出をしての歯科急患センターの意義はあるのか?

人ごとと考えずによ~く考えてみて欲しい。
税金を使って本当にこれだけの人員が必要なのか?

そんな事を考えながら当番医の帰りに天神にある『みちのくショップ』に寄ってみた。
そこで玄米茶を出しているマネキンの女性から『歯医者さん・・・』と声をかけられた。
なんで素性がバレたんだと戸惑う私に『寺田先生ですよね』と言われた。

なんと前日の土曜日に『福岡県高齢者・障害者雇用支援協会』という厚労省の直下の独立行政法人、いわゆる外郭団体からの依頼で健康管理について講演している私の話を聞かれた方だったのだ。

『先生の話よかったです。面白くて、とても参考になりました』と言われ、とてもうれしかった。つい買う気もなかった「玄米ふりかけ」を買ってしまった。最近ふりかけに凝っているのでいいかなと思って買ったけど、そうおいしくはなかった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terada1.blog56.fc2.com/tb.php/133-d9b86a7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad