福岡市城南区鳥飼の寺田歯科医院の院長のブログ

福岡市城南区鳥飼で、父の代から50年間開業している地域で最も古い歯科医院「寺田歯科医院」院長が、 日々の出来事や歯に関すること、トライアスロンのことなどを書いているブログです。

シティマラソン福岡

31日は本当に忙しい一日でした。
正直足の痛みがありペースランナーとして少し不安があったシティマラソン福岡2010はとっても楽しい21.075キロ(ハーフマラソン)でした。

朝、7時過ぎに仲間と集まってドーム入り。
案内されたのはビジター選手用のロッカールームでした。
K3300061_20101104082346.jpg

K3300058.jpg
よく見ると折りたたみイスと横に荷物置き、隣の選手とは網の壁・・・・

以前もペースランナーはやった事がありますが、私の記憶ではロッカーを案内された事はありませんでした。
部屋の壁にはクライマックスシリーズの日程表が張られたまた・・・・
K3300059.jpg
虚しい・・・・

今回はペースランナーだったので選手の一番最後尾からのスタート。
スタート地点まで行くのに6分かかりました。

スタートしてから常に1キロ6分のペースを守らねばなりません。
早くても遅くてもダメという走り。結構大変です。
DSC09536.jpg

余裕のあるピッチだったので途中ランナーとも会話しながら、廻りの風景も楽しむ事も出来、また心配していた足も大丈夫だったので余裕のあるとても楽しいランでした。
DSC09611.jpg
ペースランナーに協力した仲間4人
DSC09623_20101104082348.jpg
ゴールではチアリーダーの応援がされていたので思わず参加

終わってからドームの廻りに開催されていた各社のブースの中に車いすマラソン仕様(スポーツタイプの車いす)の為の募金があった。

ペースランナーに協力したという事で頂いた、本日の日当が入った封筒をそのまま募金箱に入れたらそれを見ていた車いすの方から『よかったら乗ってみませんか』って声を掛けられて『車いすマラソン車いす』に試乗してみました。

すごいコンパクトな設計、軽くて、速い。すっと走り出しました。ハンドルがついていてそれで方向転換をします。手で加速するのですが、なかなか快適でした。

他の募金をした人が試乗させてもらっている状況ではなかったので貴重な経験でした。
封筒の中身は見てませんが、たいした金額が入っていたとは思えませんでしたからなんだか申し訳なかった。

帰宅後急いでシャワーを浴びて博多駅方面の会場へ。
午後は講習会でした。

題して『歯肉を読む』
衛生士さん対象のセミナーだったのですが、内容はとっても難しかったです(これが理解できた衛生士はそういないと思います)そしてとっても勉強になりました。

歯肉の病気つまり歯周病の治癒について基礎系である病理学を専門としている教授が解説をしておりました。ペアで来ていた一般臨床医(開業している先生)の話はたいした事がなかったのですが、病理教授の話は最近わかった第一線の話。私もついていくのに必死の面がありました。

夜は近所のスナックが閉店するというので飲みに行きました。
充実した一日でした。
K3300066.jpg
暗かったのできれいに見えませんが、なんだか情緒があるでしょう?
K3300068.jpg
古くからのお客さんたちで一杯でした。どこかで見かけた監督も眠り込む・・・・
30年間お疲れさまでした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terada1.blog56.fc2.com/tb.php/201-f9dafd7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad