福岡市城南区鳥飼の寺田歯科医院の院長のブログ

福岡市城南区鳥飼で、父の代から50年間開業している地域で最も古い歯科医院「寺田歯科医院」院長が、 日々の出来事や歯に関すること、トライアスロンのことなどを書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯周病が脳に!

2006年10月25日の西日本新聞の夕刊の見出しに
「動脈硬化の危険因子解明、歯周病菌酵素が作用」と掲載。

記事の内容は『歯周病は成人の約8割にみられる生活習慣病。
動脈硬化は複数の要因が絡むが、
歯周病が動脈硬化の症状を助長することは近年、疫学的に指摘されていた。
九州大学歯学部研究グループによると、その具体的メカニズムを解明したのは
世界で初めてという。
動脈硬化の代表的な症例に、血管の内膜が肥大し、血液の通り道を狭めるものがある。
異物を除去する細胞「マクロファージ」が、
変成した「LDLコレステロール」を次々に取り込み蓄積するのが大きな原因だ。
研究グループは、マウスに主要な歯周病菌「ジンジバリス菌」を感染させ、
各酵素の働きを抑制しながら動脈硬化の発症具合を調べた結果
「Rgp」という酵素はLDLコレステロール表面のタンパク質を
分解して変成させることで、マクロファージが取り込みやすくしていたことも分かった。
このことから、研究グループは、この酵素が動脈硬化発症に深く関与していると結論づけた。
(一部抜粋)』


難しい内容なので分かり易く書くと、悪玉コレステロールは
動脈硬化を起こすというのはみなさんご存知だと思います。
『免疫系細胞であるマクロファージは
悪玉コレステロールを食べてやっつけるのだが、
戦って死んだマクロファージが血管壁にたまり動脈硬化を起こす。
今回歯周病菌の酵素が悪玉コレステロールを
食べ易くする働きがある事が分かった』という事だ。


前に岡山大学の歯学部のグループによると
糖尿病の場合は血中タンパク質が糖化されるだがこの糖化タンパク質は
マクロファージを刺激し、炎症性サイトカイン類を過剰に産生させ、
それが歯周組織を破壊すると発表している。


この事からも悪玉コレステロールを狙ってマクロファージが
食べはじめると動脈硬化のみならず炎症により歯ぐきの組織も破壊するという訳だ
(これは菌がなくても歯周病状態にするという意味です)
歯周病菌が全身に悪さをするだけでなく、
全身疾患(糖尿や高脂血症)が歯周組織を悪くし、歯周病になる訳だ。


これからは歯周病は歯科医だけが治す時代は終わり、
内科医などと共同で治す時代が来るかもしれません。
言い換えれば今「おれは歯周病は治せる」と言っている歯科医は本当は治しきってない。
「前よりはいい状態にしているだけだ」と言われるかもしれません。


例えるなら、風邪の治療で、薬を投与しないで安静にさせて、
「風邪を治しました」と言い切るのと似ているかも・・・・


↓寺田歯科医院のホームページはコチラから!!↓
寺田歯科医院ホームページ

コメント

ブラシの無い歯ブラシ

まったく新しい歯ブラシを開発しました。水ではなく薬剤の強力噴射です、歯間歯周がみがけます(特許)

この歯ブラシが見たい・・・・

書き込み有り難うございます。
実際にこの歯ブラシを見てみたいものです。
今までにあったウォーターピックとは違うのでしょうか?

  • 2006/12/08(金) 13:58:51 |
  • URL |
  • 寺田 #-
  • [ 編集 ]

ブラシの無い歯ブラシ

ウオータピックとの一番の違いは水ではなく、市販の例えば歯周病、口臭、歯磨き粉を溶いた液等なんでも噴射できるところです。
洗濯と同じで水では汚れはおちません。洗剤を噴射すると思って下さい。もしよろしければ無償で送付いたしますが、メール頂ければ幸いです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terada1.blog56.fc2.com/tb.php/28-e585750e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。