福岡市城南区鳥飼の寺田歯科医院の院長のブログ

福岡市城南区鳥飼で、父の代から50年間開業している地域で最も古い歯科医院「寺田歯科医院」院長が、 日々の出来事や歯に関すること、トライアスロンのことなどを書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ四十九日

先代の院長(父)が亡くなってもうすぐ49日です。
前にも書いた様な経緯でしたが、ちょと振り返って・・・・

父が亡くなったのが1月2日の夕方。
病院に担ぎ込まれて死亡認定されましたが『死亡した人が24時間以内に自宅に居たのであれば検屍をする』という事になっているそうです。

死亡の告知があった後に病院側から「警察に連絡しないといけませんので・・・」という事で警察が来ました。
総勢4名。なかなかの体制です。控え室で各自『名前、生年月日、住所、電話番号、続柄、自宅にての死亡の状況など』を聞かれて、その後自宅まで警察が押し寄せ現場検証。

自宅の間取りを作成し、写真を撮って・・・・・
『ここは何畳ですか?』とか聞いてきましたが、そこまで聞く?
「あなたが見た広さです」って言いたかったけど、『適当に6畳ぐらいですか』って答えました。
『現場検証とかすると嫌がれるでしょ?』って聞いたら『いえそんな事ありません』と答えたけど、絶対に嫌がられているはず・・・・

父の通帳を確認、残高とか、どの様に生活していたのか?色々と聞いてきました。
詳細はよくわからないけど、通帳の写真を撮り去っていた。

その後再び電話があり『飲んでいた薬を教えて欲しい』との事で教えたら。写真を撮りたいとの事で再び訪問。
こっちも『写真撮っていい?』って聞いたら「それはご勘弁を」と言われたけど証拠写真は大切なので写真を撮りました。
IMG_0005_20150211225338f4a.jpg
右の写真係の人はテレビドラマの様に帽子のツバを後ろにしておりました。帽子脱げばいいのにね。残りの3人は帽子被ってませんでした。
IMG_0006_201502112253405c2.jpg
薬手帳と飲んでいた薬の撮影風景。左の警官の手が素早く動く!!

捜査車両で来られており高級覆面パトカーでした
助手席の足元に赤灯がありました。磁石式で車の屋根に付けるそうです。
『屋根に付けてみて!』って言ったけど断られました(当たり前か!
『赤灯の写真撮っていい?』って聞いたけど断れました
人の家に上がり込んで色々と詮索したのに自分のところの詮索は断るんだね〜 
う〜ん警察らしい

IMG_0007_20150211225341323.jpg
最近は『毒婦』とかいるからね〜こんな現場検証も大事なんだろうね〜 丁重にお送りしてあげました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terada1.blog56.fc2.com/tb.php/395-bf6d69ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。