福岡市城南区鳥飼の寺田歯科医院の院長のブログ

福岡市城南区鳥飼で、父の代から50年間開業している地域で最も古い歯科医院「寺田歯科医院」院長が、 日々の出来事や歯に関すること、トライアスロンのことなどを書いているブログです。

歯が痛い・・・

自分の歯が痛くなって歯医者に行きました。
この歯にはヒストリーがあります。

8年位前に左下奥の歯が欠けてS先生の所で詰め直して頂きました(正確にはインレー修復をした)
欠けた理由はムシ歯ではなく、破折。縁が欠けてしまったのです。
その時、穴(窩洞)は余り深くないのに意外と痛い。
もちろん削る時には麻酔はなし、ある程度削って、それでももっと深く削りたそうなS先生は『もっと深く削りたいので麻酔しましょうか?』と言ったけど、断りました。
理由は『麻酔をして余計に深く削って欲しくなかった』から。

出来上がった模型を見ると、意外に浅い。
この深さで痛いとは・・・・もしかして、この歯には神経まで達する破折線が入っているのか?

その後、数年後に歯がしみる・・・・
今度は抜髄(神経を抜く)覚悟でY先生の所に行きました。
Y先生『これ知覚過敏じゃないですか?』
私「えっ、相当痛いよ」
話しによれば、隣接面(歯と歯の間)に風をかけると痛がるので「取り敢えず知覚過敏の薬を塗りましょう」って事で
塗ってもらったら、治ってしまった。


その後暫くは症状は緩和。
しかし、また知覚過敏が出て来た・・・・と思っていた私ですが、強く噛むと痛い。冷たいものがしみる・・・・
自然と左をかばう様に生活を送っていた。

その歯がいよいよ痛くなって来た。
次はもう抜髄と覚悟は決めていた。

熱いものもしみる様になって来た。
アウトだ!!
因にレントゲン写真は昔から時々撮っていたが、レントゲン写真上の異常はまったく認められない。

経過からして、左下一番奥だと思っていたがよく調べてみると(叩いたり、電気流してみたり・・・・)左下奥から二番目の歯でした(一つ手前の歯だったのね)

あ〜噛むと痛い!たまらん・・・
後輩ドクターを呼びつけて寺田歯科医院内で詰め物を外してもらい。削ってもらった・・・・
後輩曰く『どこにもムシ歯はありませんよ』
だけど噛むと痛いのよ。(もちろん無麻酔で処置は行ないました)
でも、削っても痛くない!?
どういう事?
当日は覆髄(薬を塗って神経を保存する)を行ないました。

この処置後、二日間は痛かったけど、段々と緩和。
あ〜痛みからは開放された。
と安心したけど、電気診断をすると反応がなくなっている。

あ〜神経はお亡くなりになりました。







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terada1.blog56.fc2.com/tb.php/419-c6c68092
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad