福岡市城南区鳥飼の寺田歯科医院の院長のブログ

福岡市城南区鳥飼で、父の代から50年間開業している地域で最も古い歯科医院「寺田歯科医院」院長が、 日々の出来事や歯に関すること、トライアスロンのことなどを書いているブログです。

医院に救急車が来た!?

25日昼前患者さんから電話があった。
歯肉が腫れているとの事。来て頂いて、レントゲンを撮り治療の説明をした。
歯周病のオペを前提とした治療か早々とあきらめて抜くか・・・
取りあえず様子を見ながら考えて頂く事にした。


それから待合室に戻り、受付でちょっと気分が悪くなられた。
待合室の椅子で横になっていたが


「救急車を呼んで下さい」


「はっ?どうしたんですか?」


「前に膵臓に穴が開いて救急車で運ばれたんです。その時と同じような感じだから・・・」


何それ?聞いてないよ!!


で、救急車を呼びました。


119にかけて、住所を言うとさっと向こうは医院の名前を言った。


「どうしたんですか?治療中に具合が悪くなりましたか?」


「いえ、治療とはまったく関係ないのですけど、患者さんが救急車を呼んでくれ。とおっしゃるので・・・・」


「救急車出動しました」


と言う訳で救急車が来る事になった。


私は「サイレンを鳴らさないで来てくれ」と頼みましたよ。
近くの交差点あたりまで鳴らしたようですが、医院の前までは鳴らさなかったようでした。


救急車


救急隊員が入って来て、Yさんは独立歩行で救急車に向かいました。
お家電話をしてあげて家人に連絡を取り、事情を説明。
取りあえずやる事はやりましたが、ご近所の事が気になる。
外に出て廻りに人がいないか確認したら、誰もいなかった。


約3時間後、元気に笑って医院まで来られました。
結局胃けいれんのようであったそうで、
過去に膵臓を患った時と同じ痛みだったので救急車を頼んだけど、
車の中でよくなっていったそうだ。無事でなによりだ!


後は変な噂が立たない事を祈るのみ。
李下にて冠を正さず。ってことですわ。


やはりどんな理由にせよ。医院の前に救急車が横付けされるのはいいもんじゃないね。


 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terada1.blog56.fc2.com/tb.php/5-fe94cd8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad