福岡市城南区鳥飼の寺田歯科医院の院長のブログ

福岡市城南区鳥飼で、父の代から50年間開業している地域で最も古い歯科医院「寺田歯科医院」院長が、 日々の出来事や歯に関すること、トライアスロンのことなどを書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奄美大島に行って来ました

先週の事ですが、奄美大島に行って来ました。

私の所属しているNPOウェルビーイングというところに奄美大島の保健所より『地域歯科保健行動(ヘルスプロモーション)の支援』の依頼が来て、理事の中村先生と二人で一泊二日で行く事になった。(中村先生の『奄美に一緒に来たら黒糖焼酎おごります』って誘いについ乗ってしまった・・・)

23日(火曜日)の午後からの出発で、歯科医院の留守番は歯科衛生士に任せ、福岡空港を15時45分に出発。飛行機はJALのサーブという30人乗りぐらいの小さいプロペラで横にはANAのボンバルディア(よく事故を起こしている奴)がありました。『お~あんな飛行機でなくてよかった!』と思いつつ搭乗。

鹿児島空港でトランジットをして、今度はジェット。すごく差を感じるフライトでした。
奄美に到着すると奄美大島の保健所の歯科衛生士さんが迎えに来て下さっていました。
ホテルにチェックしてから宴会場に行き宴会がスタート。

今回は保健所主催の宴会でしたが、現地歯科医師会との交流の宴会は歯科医師会長の記憶のある10年以上は行われておらず、ウェルビーイングがもたらしたものが保健所と歯科医師会との交流でした。

今回参加した私も保健所長、健康増進課の課長、保健師や歯科医師会長はじめ色んな方々との名刺交換をさせて頂きました。

酒を酌み交わして会話も色々とはずみ、喜界島の歯科医で歯科医師会副会長でもある先生に私が喜界島の人口、歯科医の数、歯科保健状態の事を話すと『なんでそんな事を知っているの?』と驚かれました。事前の予習の成果でした。こんなところからヘルスプロモーションがはじまるのです。

翌24日(水曜日)の午前は保健所の2階で歯科医師会関係者、市町村保健師、所轄の課長それに保健所スタッフにヘルスプロモーションの話しをして、喜界島での取り組みを聞き、その後はグループワーク。
MYDC0257.jpg
午前中の様子

昼の移動前、保健所の隣に『ハブの研究所』がありそこでちょっと見学
MYDC0261.jpg
ハブのお腹から天然記念物の奄美の黒ウサギが出て来たとか・・・
MYDC0263.jpg
ハブのペニスだそうです。なんだかエイリアンみたい・・・・
MYDC0264.jpg
ハブの毒を吸い出す道具。奄美の人の必需品?・・・・
MYDC0265.jpg
ヘビ使いのおじさん(保健所の職員でこの道何十年?って感じの人だった。)たぶん前世はインドでコブラ使いだったと思う

昼は鶏飯という島の殿様料理を頂きました(駅弁の鶏飯にお茶をかけたような感じのご飯)

午後は場所を変えて、一般市民向けの講演会。
講演後空港へ

行きと同じ様に鹿児島でトランジットをして福岡空港へ。
帰りの飛行機はなんとボンバルディアだったので、私はずーっと車輪が格納されるかとか、出て来るかなど、かなり気になってしまった。離着陸も振動が多く楽しまさせて頂いた。
MYDC0269.jpg
帰りはすっかり日が暮れた。夜のボンバルディアは少々恐かった

私は地域歯科の保健行動においてはまだ駆け出しだが、これからこんな事をもっと勉強して社会に役立てて行きたいと思っている。
何よりもやはり現場を見るのは大事だと感じました。

帰福した時、私は海上自衛隊勤務時代を回想した。
佐世保からヘリで対馬に飛び、北、中、南と検診して車で移動し、そして壱岐に飛んで検診して戻る。(もちろん夜は宴会付きだ)
『診療室を出て飛んで酒飲んで、戻って来る』というところは似ているのですが・・・・今回はちょっと違った。

でもあの頃の空気と似ている。診療室にこもっているばかりでなくもっと外に出て地域で活躍しないといけないな。
それが社会的使命かな・・・・

コメント

テラダッチ、昨日はお疲れでした。
土曜夜練でのゴーヤ・チャンプル首を長くしています。

  • 2007/11/04(日) 19:15:26 |
  • URL |
  • アヤベーダ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terada1.blog56.fc2.com/tb.php/59-906befa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。