FC2ブログ

福岡市城南区鳥飼の寺田歯科医院の院長のブログ

福岡市城南区鳥飼で、父の代から50年間開業している地域で最も古い歯科医院「寺田歯科医院」院長が、 日々の出来事や歯に関すること、トライアスロンのことなどを書いているブログです。

堀ちえみの舌ガン

ブログをサボっておりました。すみません。

先日堀ちえみさんが舌ガンを公表し、大手術に臨みました。
ステージⅣでリンパ節に転移していたそうで、全身への転移も疑われますよね。
術後は抗がん剤などで対応するのでしょうが、無事に完治してもらいたいですね。

昨年の夏頃に口内炎が舌の裏側に出来たそうで、なかなか治らないという事で11月にかかりつけの歯科医院でレーザーで焼いてもらったとか・・・
夏頃から歯科医に相談していたのかはわかりませんが、内服薬の副作用と思っていたとか・・・そういう事もあるでしょうが、余りに治らない場合はやはりガンなどを早期に疑わないといけないと思います。

堀ちえみさんのは場合はレーザーで焼いた(たぶん炭酸ガスレーザーだと思われます)事が余計にガンを悪化させる原因にも繋がったと考えられます。
口内炎にはレーザー治療は適応なのですが、ガンは不適応なのです。

寺田歯科にもレーザーはありますが、私は第一選択にはしておりません。まずは薬の塗布です。それで反応を診てから必要な場合はレーザーも使います。

私の場合はこれまでに数件のガン患者を見つけて大学病院などに紹介しております。
舌の横側に出来た口内炎で来られたAさんは受診後1週間で『舌ガンの疑い』と判断して大学病院を紹介し、早期に手術を行いました。その後再発もなく無事に過ごされました。
当時教授から『よく見つけたね』と言われました。

実は私の父であり、寺田歯科の先代も口腔ガンになりました。歯肉ガンと一部が広がって舌ガンになってました。これは一発で判断して大至急大学病院へ、手術をして頂きました。幸い頸部への転移はなく3年間再発もなく、その後老衰で亡くなりました。
ガンが結構広がっていたのは本人が私に相談したのが遅かったからです。つまり受診してなかったからです。

白板症という病気があって、これは前癌病変と言われてまして、癌になる可能性のある病気です。
Bさんはまだお元気な時に私が白板症を指摘して大学病院の受診を勧めました。
一人暮らしで、ちょっと頑固でもありました。その後認知症を発症されて歯科受診は縁遠くなっておりました。
ある時、離れて暮らしている娘さんが『父が口をケガしたみたいだ』と連れて来られましたが、ひどい歯肉ガンになっておりました。

早期治療、早期対応が大切です。
ちょっとでもおかしいと思われたらご相談下さい。

あけおめ

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

元旦の恒例行事は、朝6時過ぎからジョギングで三社参り&初日の出です。
6時15分に室見川の一ノ堰という河川敷にに集まり、そこから川を下って、愛宕神社に行き、そこから川を上って橋本八幡〜飯盛神社〜飯盛山中腹に行きます。

IMG_1204.jpg
6時30分過ぎの愛宕神社、今年は暖かかったのでどこも早朝から人手が多かったです。

飯盛山の中腹から初日の出を拝みます。
今年も皆さまにいい事があります様に
IMG_1208.jpg

元旦走に参加したランニングクラブの仲間と集合写真
IMG_1227.jpg

歳末助け合い

『歳末助け合い』ってのがありましたよね。赤い羽根を買いました。
それはさておき、年末は色々と忙しいです。

家に貯まったダンボール、雑誌や新聞紙などを資源ごみとして出しに行きました。
30日の午後4時過ぎでした。
場所は城西中学の第二グランド横の『リサイクルステーション』
いつも行く城南区役所のリサイクルステーションが閉鎖されていたのでこちらに行った次第です。

行くと無造作に積まれたダンボール、雑誌、新聞紙が・・・・今にも崩れ落ちそうになっておりました。
積み上げる所もない状態で、案の定私がダンボールを載せると一気に崩れてきました。

IMG_1106.jpg
荷崩れたところ

管理人さんも居ない状態でしたので、このまま放置しておく訳には行きません。

IMG_1108.jpg

我が家から持ってきた新聞紙や雑誌を手前に置いていざ作業開始
まずは、無造作に積み上げられた新聞紙や雑誌などを外に引き出します。

IMG_1109.jpg
紐はちゃんと結んで欲しいですよね〜
つまんだ瞬間バラけました。


IMG_1110.jpg
トイレットペーバーの芯も入ってますが?
これって、資源回収ゴミ?
くくってもないし、普通に袋に入れられてました。


IMG_1113_20181231005954af7.jpg
よく出来ました

IMG_1112.jpg
薬のチラシ。これ絶対に医者が捨ててますわ。

IMG_1115.jpg
う〜ん、この結び方はね〜
こんな結び方するから解けるんですよね。


世の中適当過ぎる!!
って謙さんが言ってませんでしたっけ?(ハズキルーペモード)

ダンボール類は奥に投げ込んで、その他は一旦外に出して積み直しました。
解けた紐は結び直しました。

途中、新聞紙類を持ってきた方が二人ほどいらっしゃいましたが、最初の一人は黙って置いて帰られました。
後から来た方は手伝ってくれて大助かりでした(作業は早かったのですが、積み上げ方がいまいちだったので一部修正させて頂きました。)

30分弱ほどの作業でした。
一人一人が少しだけ気を遣ってもらったらいいのにな〜って思いました。

IMG_1116.jpg
奥にダンボール、左側が新聞紙、やや右側が雑誌類。そして右の壁側にその他の紙類
最初来た時は新聞紙などがボックスからはみ出していましたが、奥から高く積み上げる事で手前に余裕が出ました。(本当は全部出して積み上げ直したかったのですが、それをやってしまうと・・・)
後から持って来た人の分も余裕があります。

IMG_1121.jpg
きちんとしないと納得が行かない性格なのでそれなりに満足は出来ましたが、本当は左側のダンボールを引き出したかったけど、余りに大きくて、重いので引き出せませんでした。仕方なく新聞を置いたので上に置いたのは斜めになってますね。

年末の作業にそこそこ満足
以上、歳末助け合いでした

年末年始のお知らせ

年末年始の診療のお知らせです。

年末は29日(土曜日)の午前まで診療を行います。
新年は4日(金曜日)から診療を行います。

従いまして、12月29日午後から1月3日まで休診とさせて頂きます。
休診中はご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願い致します。

尚、休診中であっても在宅していれば急患を診る事は可能な場合もあります。お問い合わせをお願い致します。

笑顔の向こうに

「第16回モナコ国際映画祭」のコンペティション部門にノミネートされていた高杉真宙の主演映画「笑顔の向こうに」が最優秀作品賞を受賞した。
主演の高杉真宙が『洗練された美しい歯を作ると評価が高く、容姿も端麗で“王子”と呼ばれる若手歯科技工士役』で、ヒロインの安田聖愛が高杉扮するイケメン技工士の『幼なじみの新人歯科衛生士役』を演じるラブストーリーだが、歯科医療を支える人々(技工士、衛生士)を讃える作品でもある。

https://egao-mukou.jp/

以下記事より

高杉真宙は『歯科技工士という職業が沢山の人に伝わり、多くの人に観ていただけて、見た人々が自分の中で将来の職業の選択肢としてこの職業を選んでいただけたらいいなあと思います』

安田聖愛は『自分の姉が歯科衛生士なので、職業的には身近に感じていました。しかし今回撮影にあたり、実際に器具をつかってみると、歯科衛生士の資格を実際にはもっていない私は、人の口の中に器具を入れて扱うことは怖いと感じ、姉の凄さや歯科衛生士さんの大切さと必要さを痛感しました。色んな世代の方に観ていただき、歯を大事にしようと思う人が増えたらいいなあと思います』と、演じたことで歯科医療の大切さを実感したことを明かしました。

昨今の歯科医界は大変な事になってます。
収入減でやっていけない人が結構います・・・・その影響で技工士のなり手がいない。
歯科医師会に入らない・・・まとまらないと社会に対して言いたい事が言えません、そして社会奉仕も出来ません。

笑顔の向こうに
予告編

かつては3Kとも言われた歯科業界。3Kであっても誰かがやらないと世の中は困ります。
夜遅くまでやっている歯科医院もスタッフ編成が大変だと思います。
収入アップの為にハッパをかける経営者(歯科医じゃない経営者の方がエグいかも・・・・)

いずれにせよ、スタッフが育たないとこの業界が成り立ちません。
技工士さんは2000年の時は全国で卒業生が3000人いました。それが2018年の今年は1000人を切りました。
技工物作成のしわ寄せは技工士さんに来ちゃいます。技工士さんの腕を維持する為にも歯科医が努力をしないといけません。オーダーを出す歯科医が困るだけじゃなく。やがては世の中の患者さんが困ると思います。
歯科衛生士もなり手が少ないです。

そんな中に公益社団法人日本歯科医師会が主導して8020運動30周年記念事業が映画「笑顔の向こうに」なんです。
モナコ国際映画祭でグランプリを取り、多少なりとも歯科界に明かりが差したらいいかなと思います。

非会員の先生も我々会員が様々な努力をしているので入会して仲間になり社会事業に参加されたらと思います。
手先が器用な人は技工士学校に、ちょっと気が利いた人は歯科衛生士学校に行ってもらえたらいいな〜
・・・って思います。

『笑顔の向こう』見てくださいね。