福岡市城南区鳥飼の寺田歯科医院の院長のブログ

福岡市城南区鳥飼で、父の代から50年間開業している地域で最も古い歯科医院「寺田歯科医院」院長が、 日々の出来事や歯に関すること、トライアスロンのことなどを書いているブログです。

母の里 萩の話し

叔父の13回忌の法事がありまして、山口の萩に母(叔父の姉)と行って来ました。
私からすると祖母がいた所で、子どもの頃はよく行ってました。

親戚がいるので親戚参りをしてみたら・・・

因みに母の旧姓は『柿並』
柿並は大内義隆の末裔(三男)なんです。
大内氏は山口の豪族で室町時代後期に西の京都といわれる位に繁栄していたそうです。
大内義隆が勢力を延ばした時代には九州にも来て筥崎宮にもその痕跡が残っています。
私も祖母に「大内義隆の花押」を見せてもらった事がありますし、大内家からの代々の系図は東大の歴史資料研究所から調査に来た事も覚えてます。

で、その大内氏は陶氏に滅ぼされてしまいました。
名前を変えて生き残った末裔が『柿並』だった訳です。
その後毛利の家来として幕末まで使えたとか・・・
歴史的には貴重な事らしいけど、一般的にはどうでもいい話しなので今回はスルーします。

そんな母との萩道中
萩博物館に行きました。
博物館の説明員(ボランティア)との話しが弾むはずむ・・・・
IMG_2523_20170126162146df6.jpg

IMG_2522.jpg
博物館内に掲示してあった文章。説明員と語り合う・・・博物館のまったくその通りになってしまいました。

因に叔父の嫁である伯母の旧姓は『根来』
根来衆(根来忍者)の末裔なんですよ。
徳川に付いた根来と豊臣(毛利)に付いた根来がいて、伯母の方は毛利方。
秋芳洞周辺を治めていたとか・・・

博物館の資料で江戸時代の萩の城下町地図にご先祖様を発見!(地図のコピーが売店で売ってました)
IMG_2530.jpg

IMG_2528_20170126162147eb0.jpg
角の家の『柿並市太』というのがご先祖様です。

年末年始の診療

早いもので、今年もあと僅かになりました。
なぜ年を取ると一年が早いのでしょうか?
やらなければいけない事がまだまだ沢山あります。
どうしましょ・・・・

それはさておき、年末年始の診療のご案内です。
年内は12月29日(木)の午前中までの診療を致します。
年明けは1月4日(水)から診療致します。
年明けの5日(木)の午後は診療を致します。

どうぞ宜しくお願い致します。

ウォシュレット

お家のトイレ、ウォシュレットが壊れたので電気屋で購入しました。

最初は知り合いの業者さんに取り付けを依頼した上での購入だったのだが・・・・
電気店 店員『取り付けはどうされますか?』
私『あっ、大丈夫です』(だって知り合いに頼むからね)
電気店 店員『そうですね。私も自分でやりましたし、ちょっと大変だけど説明書見たらわかりますからね』
私『えっ・・・はい、自分でやります・・・』

仕方ありません。本当はそんな気はなかったんだけど、店員さんから「自分でも出来ますよね」と言われた手前やらなきゃいけないと思って、取り付け頑張りました。

悪戦苦闘しながら2時間ちょっとで取り付け完了
IMG_2541.jpg
悪戦苦闘して外した古いウォシュレット

IMG_2543.jpg
装着したウォシュレット

やれば出来ました
皆様からのご要望があればウォシュレットの取り付け工事に伺います。
お任せ下さい
パナソニックのウォシュレット。快適です。しかも安かった

インスハート

高校の同窓会が福岡で開かれました。
同窓会福岡支部が呼びかけて近隣の同窓生 約100人が集いました。

今回の余興は現役医師ユニットのInsheart(インスハート)の生演奏
IMG_2393.jpg

IMG_2388.jpg
インスハートyou tube

バイオリンを弾くボーカルのtoshi(俊)くんが高校の後輩医師で今回の出演が決まったそうです。
IMG_2399.jpg
後輩に絡む酔っぱらいのおじさん 帰りに際にCDを買わされました

ライブ情報などはこちら
インスハート
気に入ったら応援してあげて下さい。

日本歯科医学会総会

「日本歯科医学会総会」というのが毎年開催されます。
例年では東京なのですが、今年初めて九州、福岡で開催されました。
たぶん、私が生きている限り福岡での開催はないでしょう。

IMG_2262.jpg
同時開催された『日本デンタルショー』(歯科商品見本市)会場にて

そんな学会だったので、金曜日の午後から医院を休診して行って来ました。
金曜日はマウスピースについて勉強しました。
面白かったのは『スキューバーダイビング用のマウスピース』
これを使うと顎が疲れない。
IMG_2203.jpg
ダイビングのセカンドステージ用のマウスピースをカスタマイズしてます

IMG_2208.jpg
確かにこれなら顎が疲れないでしょう。下手に噛み締めなくて歯にもやさしいでしょう。
ただ、1つひとつハンドメイドで作成していくのでお金がかかりますね。(2万円はかかります)
希望者はいらっしゃるでしょうか?

土日は朝から夕方まで色んな会場で勉強したのですが、その中で興味深かったのが『う蝕予防』
そもそも学会などの講演会で聞く事が知らない事だらけだと自分の頭に入って来ません。
知っている知識があるからこそ、そこに知識の上塗りがある訳です。

で、今回改めて認知した事は『POs-Ca)』(カルシウム入りガム)が歯にとってもいいって事です。
「70歳代の女性が、脳梗塞で倒れて暫く歯磨きが出来ない状態だった・・・それによりムシ歯が出来てしまった(ポイントは出来たムシ歯が初期であるという事)この女性に対して『カルシウム入りガム』を毎日噛んでもらった所、3ヶ月でムシ歯が治った」症例を見せて頂きました。

処方は『1回2粒を20分以上、2〜3回』を毎日噛むのです。
以前グリコの開発員から聞いたのですが、トクホの申請時に『1回2粒』で厚労省に申請したけど、後からの実験では1粒でも良かったそうなのです。
研究の結果を重視するならば1回2粒が良いのでしょうが、1粒でも十分であるとも聞いております(但し、正確な結果は知りません。あくまでも自己責任でお願い致します)

IMG_2275.jpg
ムシ歯に対してのカルシウム入りガムの評価

フッ素は歯質を強化します。また初期のムシ歯なら『再石灰化』を起こさせます。
ポスカもまた再石灰化をしっかりと行ないます。(臨床試験ではフッ素は1年、ポスカは3ヶ月で再石灰化が行なわれてました)

このカルシウム入りガムは『水溶性カルシウムのポスカ』と『非水溶性カルシウムのリカルデント』があります。
水溶性カルシウムの方が体に溶け込み易いと言われてます。
また、フッ素は緑茶から抽出したフッ素を使っており、その濃度はフッ素入り歯磨きペーストで磨いて、うがいした後の濃度と同じ位になります(1ppm)

う蝕の原因となる甘味は使われておりませんので、歯を磨いた後に噛んでも大丈夫だし、食後にガムを噛む事で酸性に傾いた口腔内を早期に中性に戻す力もあります。

絶対にお勧めですよ。ポスカF(Pos-Ca F)
因に市販ではポスカ(Pos-Ca)ですが、歯科医院ではポスカ・エフ(Pos-Ca F)つまりフッ素(F)入りのカルシウムガムは歯科医院専用となってます。
11.18 1.41

FC2Ad